ディー・エヌ・エー×マッグガーデンの新レーベル「マッグボックス」創設

199

ディー・エヌ・エーのWebマンガアプリ・マンガボックスとマッグガーデンによる少年・青年向け新レーベル「マッグボックス」の創設が発表された。

「マッグボックス」ビジュアル

「マッグボックス」ビジュアル

大きなサイズで見る(全4件)

「葬-はぶり-」イラスト(c)Chihiro Watanabe/MAG Garden

「葬-はぶり-」イラスト(c)Chihiro Watanabe/MAG Garden[拡大]

創立の第1弾作品として、「PYGMALION-ピグマリオン-」の渡辺千紘による新連載「葬-はぶり-」が、本日6月1日よりスタート。本作は霊に憑かれた者“凶憑き(まがつき)”退治を専門とする霊術士“葬(はぶり)”を描くバトルホラー。先祖代々“葬”を受け継ぐ一家・賽河家に生まれた少年・柩は、剣を振るう父の姿に憧れていた。自分も“葬”になって後を継ぐと意気込んでいた柩だったが……。

なお7月には詩原ヒロ「冥婚の契」、8月には碧海景原作によるアビディ井上「肉祓村」が、それぞれスタートする予定だ。

この記事の画像(全4件)

関連記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。