コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

アニメ「3D彼女」キャスト陣が蒼井翔太演じる伊東を「かわいい」と絶賛

575

アニメ「3D彼女 リアルガール」第7話の先行上映イベントの様子。左から筒井光役の上西哲平、伊東悠人役の蒼井翔太、綾戸純恵役の上田麗奈。

アニメ「3D彼女 リアルガール」第7話の先行上映イベントの様子。左から筒井光役の上西哲平、伊東悠人役の蒼井翔太、綾戸純恵役の上田麗奈。

那波マオ原作によるテレビアニメ「3D彼女 リアルガール」第7話の先行上映イベントが、5月13日に東京・新宿バルト9にて開催された。

上映後の舞台挨拶には筒井光役の上西哲平、伊東悠人役の蒼井翔太、綾戸純恵役の上田麗奈が登壇。上映直後の第7話の感想を聞かれた上西が、第一声で「伊東がかわいい!みなさんもそう思いますよね?」と尋ねると、会場からも拍手が起きた。猫耳をつけた美少年という伊東を演じる蒼井が「そんなことないよ」と恐縮すると、「そんなことあるよ!」と力強く訴える上西。さらに第7話の内容について上西が「恋愛ってきれいな部分だけじゃなく、面倒くさいこととか、すれ違っちゃうこともあるじゃないですか。そういうざわめきの始まりみたいな7話」と評すると、上田も「本当にそうなんですよね」と深く頷いた。

蒼井は自身が演じる伊東について、「第7話は、伊東の心の中に何かが芽生えた1話」とコメント。さらに第5話より登場した綾戸を演じる上田は、キャラクターに合わせて髪を切ったというエピソードを明かし、その理由を「綾戸さんの気持ちに寄り添うために、まずは形から入ろうと思って」と続ける。さらに上田は「人に気を遣って人を避けてきた綾戸さんがみんなと関わるシーンは、アフレコで掛け合いしていてもすごく心が温かくなった」と自身が演じる綾戸への思い入れを見せた。

また上田がお気に入りのシーンとして「伊東くんが、第5話で『やだ!』っていうのがかわいすぎて」とまたもや伊東のかわいさに言及し、上西と蒼井がセリフを再現してみせる一幕も。蒼井は第6話での筒井と伊東の出会いのエピソードがお気に入りだと語ると、上西が「その話しようと思ってたのに!」と同じエピソードが印象に残っていることを明かし、「台本をもらった時に、蒼井さんが『いいシーンにしようね』って連絡をくれて、がんばらなきゃいけないなって思った」とアフレコ当時を振り返った。

和気あいあいとした3人の様子からアフレコ現場の雰囲気に話が及び、上田が本番に入る直前になると監督が「やってくれるでしょ、綾戸さんは」と煽ってくるという話題に。上田は「そう言われるとハードルが上がるんですけど、綾戸さんも人と会話するのに緊張する子なので、その緊張感も綾戸さんを感じられるみたいでうれしいんです」と笑顔で語るが、「でも本番に入ったら、全然そんな様子じゃないですよね」「僕たちよりも声が大きいよね」と上西と蒼井は感心した表情。これに上田が「綾戸さんのエネルギーが中から出てくるんですかね」と返すと、蒼井が「植物みたいな…」と続け、上西が「植物!?(笑)」とすかさずツッコミを入れる。「いや、植物ってエネルギーが強いじゃないですか。そういう意味です!」と蒼井がフォローする横で、上田がジェスチャーで植物を表現し会場の笑いを誘った。

今後の見どころについて、上西は「現実にも活かせるところや共感できるところがいっぱいあると思うので、いろはと筒井だけでなく、ほかの人々の恋愛模様にも注目してほしいです」と語り、蒼井は「キュンキュンするところもありますが、逆に心が締め付けられるような展開もこのあと待っているので、最後まで彼らを見守っていただけたらと思います」とコメント。上田は「心が揺さぶられたり共感したりするような、それぞれの本音のぶつかり合いがこれからたくさん出てくるので、ぜひそれを感じていただければと思います」と視聴者にメッセージを送った。「3D彼女 リアルガール」は日本テレビ「AnichU」枠ほかにて放送中。

テレビアニメ「3D彼女 リアルガール」

放送日時

日本テレビ「AnichU」枠にて毎週火曜25:59~

スタッフ

原作:那波マオ「3D彼女 リアルガール」(講談社「KCデザート」刊)
監督:直谷たかし
シリーズ構成:赤尾でこ
キャラクターデザイン:栗田聡美
制作:フッズエンタテインメント
主題歌:くるり「だいじなこと」(SPEEDSTAR RECORDS)
エンディングテーマ:BiSH「HiDE the BLUE」(avex trax)

キャスト

五十嵐色葉:芹澤優
筒井光:上西哲平
伊東悠人:蒼井翔太
石野ありさ:津田美波
高梨ミツヤ:寺島拓篤
綾戸純恵:上田麗奈
えぞみち:神田沙也加

(c)那波マオ/講談社・アニメ「3D彼女 リアルガール」製作委員会

コミックナタリーをフォロー