コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

「水色のリボン」石ノ森章太郎の初期作が復刻、150部限定で刊行

147

石ノ森章太郎の生誕80周年を記念し、石ノ森の初期作となる「水色のリボン」の復刻版が、150部限定にて復刊ドットコムより5月下旬に発売される。価格は5万4000円。

1957年から1958年にかけて少女クラブ(小学館)に掲載された「水色のリボン」は、貧乏な家に育った少女・るみ子の姿を描く物語。1959年にわかば書房より単行本が刊行され、このたび復刻されるのはこのわかば書房版となる。石ノ森章太郎研究家である福田淳一氏の協力のもと、わかば書房版と同サイズでの造本はもちろん、カバー、表紙、見返し、カラーページ、編集後記、当時の奥付けなど、初版が忠実に再現されているほか、いずみ・あすか名義で執筆された「ちりぬるを… 白いばらの物語」や、石ノ森自身による編集後記も収録される。

また少女クラブに掲載された石ノ森のイラストをポストカード化し、オリジナルデザインのBOXに収めて復刻。各アイテムにはシリアルナンバーが記される。さらに付属する「特別小冊子」も、当初は16ページの予定だったところが192ページにボリュームアップ。雑誌掲載版の「水色のリボン」「ちりぬるを… 白いばらの物語」が掲載される。

(c)石森プロ

コミックナタリーをフォロー