コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

「覚悟はいいかそこの女子。」映画化、中川大志が恋愛経験ゼロのヘタレ男子に

481

椎葉ナナ「覚悟はいいかそこの女子。」の実写映画化が決定した。

「覚悟はいいかそこの女子。」はイケメンで幼い頃から女子に囲まれて育ってきたものの、女性との交際経験のないヘタレな男子・古谷斗和を主人公に描く物語。周囲から「お前は観賞用男子だ!」とバカにされた斗和は、学年一の人気を誇るクールビューティーな少女・三輪美苑を彼女にすると宣言する。本作は2014年にマーガレット(集英社)にて連載され、単行本は全2巻が刊行された。

映画では古谷斗和役を中川大志が担当。ヘタレなキャラクターを演じるにあたり中川は「僕自身も、虫も、高い所も、お化けも、全部嫌い。怖いものが多いヘタレです」と語りながら「まっすぐさ、ピュアさ、ヘタレさが良い塩梅で出せるように意識しました」とコメントした。

また中川が吉良ゆいじ役を演じた「きょうのキラ君」でも中川と仕事を共にした木村元子プロデューサーは、キャスティング理由について「仕事を離れたときにイケメンなことを本人が全く意識していないヘ タレっぷりが面白くて、この役をオファーすることになりました」と説明した。監督を「ブルーハーツが聞こえる」の井口昇、脚本を「ホテルコンシェルジュ」の李正姫が務め、映画は10月12日に公開される。

「覚悟はいいかそこの女子。」

2018年10月12日(金)全国公開

キャスト・スタッフ

主演:中川大志
原作:椎葉ナナ「覚悟はいいかそこの女子。」(集英社マーガレットコミックス刊)
監督:井口昇
脚本:李正姫

中川大志コメント

Q.古谷斗和という役柄を演じる上で、気をつけていた点はなんでしょうか?

A.まっすぐさ、ピュアさ、ヘタレさが良い塩梅で出せるように意識しました。

Q.ヘタレな演技をする上で大変だったことはありますか? また、ご自身のヘタレエピソードをお教えください。

A.斗和をどこまで崩して良いものなのか、そこのさじ加減が難しかったです。僕はやり過ぎがちなんですが、そこは少女漫画の男の子なので…。僕自身も、虫も、高い所も、お化けも、全部嫌い。怖いものが多いヘタレです。

Q.斗和は何度もヒロインにフラれますが、中川さんご自身が女の子にフラれた経験はありますか? また、斗和と同じように1度フラれても、好きな子には何度もアプローチできますか?

A.一度フラれても、好きな気持ちが無くならない限りは、諦めないと思います。

Q.高校を卒業されて約2年程経っていると思いますが、制服での演技はいかがでしたか?

A.今回は映画を通して、斗和のキャラクターが出るように、何パターンもの制服の着こなしをしたので、楽しかったです。

Q.今作は10代最後の主演映画の撮影ということでしたが、どんなお気持ちで演技に臨んでいましたか?

A.今までと特別変わりはありませんが、10代のエネルギーだったり、キャラクターとの実年齢が近い分表現出来る、等身大の部分を大事に演じました。

Q.10代の内にやっておきたいことや、20歳を迎える上での目標を教えてください。

A.20歳になったら、より一層、大人として、1人の人間として自分がどう生きて、どう進んで行きたいのかを自分の中で明確にして、責任を持っていろんなことに取り組んでいきたいです。

(c)椎葉ナナ/集英社 (c)2018 映画「覚悟はいいかそこの女子。」製作委員会

コミックナタリーをフォロー