コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

アニメ「レイトン」花澤香菜の“謎”は「なんでパンはいっぱい食べると…」

175

左から宮司愛海アナ、足立佳奈、花澤香菜、日野晃博社長、カトリー。

左から宮司愛海アナ、足立佳奈、花澤香菜、日野晃博社長、カトリー。

アニメ「レイトン ミステリー探偵社 ~カトリーのナゾトキファイル~」の舞台挨拶が、本日3月29日に東京・お台場のフジテレビ本社にて行われた。

舞台挨拶にはカトリーエイル・レイトン役の花澤香菜、オープニングテーマを歌う足立佳奈、レベルファイブの日野晃博代表取締役社長が登壇。出席を予定していた第1話のゲスト声優・今井翼は病気療養を理由に欠席となった。

トークが始まると花澤は「早くみんなに観てほしかったのでうれしい気持ちでいっぱいです」と語り、足立は「曲をいただいたときに『なんて素敵な曲なんだろう!』と思いました。この曲を聴いて、そのあとにアニメを観て素敵な1日のスタートにしてほしいです」とアピール。これまでにいくつものアニメを手がけて来た日野社長は「最近はカトリーのファンになってまして、仕事が辛いときにレイトンのアニメを観て元気付けられてる。1人でも多くの人に観てもらいたい作品になった」と手応えを口にした。

今回初めて声優に挑戦した今井の話題になると、これまで何度もタレントに声優をお願いしたことがあるという日野社長は「圧倒的に演技がすごくて」と今井の演技を絶賛。花澤も「初めてとは思えない演技だった」と述懐した。

舞台挨拶が進むと、本作が依頼人の持ち込んだ謎や事件を解決していく物語であることになぞらえ、“依頼人”の質問や疑問に登壇者が回答するコーナーも実施。最初の依頼人の女の子から「将来テレビに出る仕事をしたいのですが、父も母も大変だと言っています。本当ですか?」という質問がされると、花澤は大変だったエピソードとして「3日連続で別々の方言を使い分けなきゃいけないことがあった」という話を披露。足立は「家族には芸能界はよくないということを言われる」としながらも、「ファンからの応援が自分を成長させてくれるし、本当に幸せなこと」と力説した。

続いての依頼者は司会を務めていた宮司愛海アナウンサー。ここで宮司から第6話のゲスト声優として自身が出演することが発表され、「どういうふうにアフレコに臨めばいいか」という質問が。これには本職の花澤が実際に演技をしてみせる。宮司が演じるウーラ・ブレイムスのセリフ「ノア先輩、付き合ってください」をというセリフを2パターン披露し公開演技指導すると、会場からは大きな拍手が起こった。

今度は小さな男の子が依頼人として登場する。「3人の“謎”が知りたい」という依頼には、花澤が「パンはフワフワなのにいっぱい食べるとなんで体重が増えちゃうの?」、足立が「洗濯すると靴下が片方なくなるのはなんで?」と回答。日野社長は「毎年ズボンが履けなくなっていくのはなんで?」という謎の解決を少年に依頼する。少年が長考する様子に、思わず日野社長が「くだらないこと言ってすみませんでした」と謝罪する一幕も。そうこうするうちに、会場には「すべてのナゾは解明されました!」とカトリーの声が大きく響きこの依頼は強引に終了、これには花澤も「本当に!?」とツッコミを入れていた。

最後の依頼人はイギリスから来たというブロンドの美女。彼女の依頼はレイトン教授役の声優が書いてある暗号を解いてほしいというもの。舞台後方のスクリーンには大きく、原作のゲームさながらの暗号が映しだされる。日野社長が「簡単すぎてわからない人は退場ですよ」と言うなか、見事に暗号を解明した3人によってレイトン教授役が山寺宏一に決定したことが明らかとなった。

最後の挨拶で日野社長は「カトリーが本当にイキイキしている。観ていただければ必ずカトリーが好きになると思います。本当にカトリーいいですよ!」と述べ、花澤は「ハツラツと生きているカトリーにすごく背中を押されることがある。毎回楽しみにしていただけたらなと思っております」と締めくくった。

コミックナタリーをフォロー