コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

メディア芸術祭受賞者シンポジウムに幸村誠

アートやマンガ、アニメーションなどの分野において芸術性の高い作品を集結させる「第13回文化庁メディア芸術祭」が、2月3日より国立新美術館にて行われる。

文化庁メディア芸術祭は、優れた芸術作品に対し表彰するとともに、国内外の作品を広く紹介する祭典。マンガ部門では大賞に幸村誠「ヴィンランド・サガ」、優秀賞に三宅乱丈「イムリ」、五十嵐大介「海獣の子供」、こうの史代「この世界の片隅に」、山田芳裕「へうげもの」、奨励賞にウィスット・ポンニミットの「ヒーシーイット アクア」が選ばれており、これらをはじめとした39作品の原画が展示され、作品が閲覧できるコーナーが設置される。

またマンガ部門受賞者のシンポジウムが2月11日に開催。受賞者である幸村のほか、マンガ部門審査員であるしりあがり寿と東京工芸大学教授の細萱敦が出演する。受賞作品が生まれた背景やコンセプト、制作秘話などを語る予定だ。

1/8追記:記事初出時、シンポジウムに山田芳裕が出演とお伝えいたしましたが、本日、山田の出演がなくなった旨、主催者より連絡がありました。

第13回文化庁メディア芸術祭

会期:2010年2月3日(水)~2月14日(日)
時間:10:00~18:00(金曜日は20:00まで)
会場:国立新美術館
住所:東京都港区六本木7-22-2
休館日:2月9日(火)
入場料:無料

第13回文化庁メディア芸術祭 マンガ部門受賞者シンポジウム

日時:2010年2月11日(祝) 13:00
会場:国立新美術館
出演:幸村誠、しりあがり寿、細萱敦

1話まるごと試し読みPR

コミックナタリーをフォロー