コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

水木しげるとの思い出をベテランアシスタントが明かす「水木先生とぼく」

272

水木プロダクション作による村澤昌夫「水木先生とぼく」が、水木しげるの三回忌前日となる本日11月29日に発売された。

「水木先生とぼく」は40年にわたり水木プロのアシスタントを務めてきた“ぼく”こと深沢が、水木との思い出や創作秘話を明かす「(ほぼ)実録マンガ」。村澤は実際に水木プロのチーフアシスタントを務めており、深沢のモデルにもなっている。マンガには水木の仕事ぶりや、深沢のアシスタントとしての暮らし、また深沢が水木と一緒にバリやヨーロッパへ旅行したときのエピソードなどが登場。深沢が日常生活の中で感じた水木の優しい一面のほか、改築好きであったり、美人に目がなかったりといった水木の意外な顔も垣間見ることができる。同作は怪(KADOKAWA)で連載された。

なお本日11月29日には、水木の次女・水木悦子が家族と過ごした日々を綴るエッセイ「ゲゲゲの娘日記」も同時発売となっている。

コミックナタリーをフォロー