コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

藤子不二雄の“リアルまんが道”。自伝的エッセイが復刊

15

藤子不二雄(A)と藤子・F・不二雄による自伝的エッセイ「二人で少年漫画ばかり描いてきた」の復刊が決定した。2010年1月下旬に発売される予定だ。

「二人で少年漫画ばかり描いてきた」は、1977年に毎日新聞社より発刊、1980年には文藝春秋より文庫版が発売されていたが、現在はどちらも絶版に。ウェブサイト「復刊ドットコム」には多くの復刊リクエストが寄せられており、日本図書センターの自叙伝シリーズ「人間の記録」の第171巻として復刊されることが決定した。

作中では手塚治虫との出会いや映画漬けの少年時代、トキワ荘時代から青年マンガへの進出、少年マンガへの復帰までが記されており、主に藤子不二雄(A)が執筆、各章に藤子・F・不二雄のコメントが挟み込まれる構成となっている。

まさに「リアルまんが道」とも呼べるこのエッセイ、ファンならずともマンガ文化を理解するためには必携の1冊と言えそうだ。

コミックナタリーをフォロー