「ベルセルク」初のノベライズ刊行決定!グルンベルドの物語を深見真が執筆

1

502

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 236 210
  • 56 シェア

三浦建太郎「ベルセルク」の39巻が、6月23日に発売される。同日に「ベルセルク」初のノベライズも刊行されることが決定した。

グルンベルド

グルンベルド

大きなサイズで見る(全4件)

小説を担当するのは、テレビアニメ「ベルセルク」のシリーズ構成や「ヤングガン・カルナバル」シリーズの執筆で知られる深見真。「小説 ベルセルク 炎竜の騎士」のタイトルで、北方の小国の守護者・グルンベルドのオリジナルストーリーを書き上げる。三浦による描き下ろしの挿絵も掲載される。

この記事の画像・動画(全4件)

読者の反応

  • 1

コミックナタリー @comic_natalie

「ベルセルク」初のノベライズ刊行決定!グルンベルドの物語を深見真が執筆 https://t.co/yBpiRv2nJv https://t.co/BJNfJXKccj

コメントを読む(1件)

関連する特集・インタビュー

関連記事

三浦建太郎のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 三浦建太郎 の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。