コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

「トリニティセブン」のサイトウケンジ原作ファンタジー、マガジンRで開幕

67

「トリニティセブン 7人の魔書使い」のサイトウケンジが原作を手がける新連載「無限世界のアマデウス」が、本日2月20日発売の少年マガジンR2号(講談社)にて開幕した。マンガは掃除朋具が担当している。

「無限世界のアマデウス」は崩壊した大学で、新入生の美少女・式見紫陽花が青年・須崎星史郎に連絡先の交換を迫るシーンからスタート。邪神から世界を守る「十二人の英雄」を探す紫陽花による、恋愛譚が展開されていく。

また竹内友「ボールルームへようこそ」のテレビアニメ化を記念し、描き下ろしイラストによる付箋が応募者全員プレゼントとして登場。このほか要マジュロ原作による榊原宗々「今夜は月が綺麗ですが、とりあえず死ね」が、月刊少年マガジン(講談社)に移籍することが決定した。4月6日発売の5月号より連載が始動する。

コミックナタリーをフォロー