コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

広江礼威が原作務めるアニメ「Re:CREATORS」設定画や仕掛け人対談がGXに

146

本日1月19日発売の月刊サンデーGX2月号(小学館)には、広江礼威が原作・キャラクター原案を務める、新作オリジナルテレビアニメ「Re:CREATORS(レクリエイターズ)」の特集が掲載されている。またビジュアルを使用したピンナップも封入された。

4月に放送が予定されている「Re:CREATORS」は、「Fate/Zero」「アルドノア・ゼロ」のあおきえいが監督を務め、広江とあおきがシリーズ構成を、TROYCAがアニメーション制作を担当する作品。同誌では広江と、キャラクターデザインを務める牧野竜一によるキャラクターの設定画が初公開されたほか、「Re:CREATORS」の仕掛け人であるアニプレックスの岩上敦宏氏と、小学館の岡本順哉氏による対談が掲載されている。

さらに同作のコミカライズも決定。「マンけん。」の加瀬大輝が作画を担当し、今春より月刊サンデーGXにて連載がスタートする予定だ。そのほか3月25日、26日に東京ビッグサイトにて行われる「AnimeJapan 2017」の2日目には、「Re:CREATORS」のステージイベントを開催。誌面ではイベントの招待券と会場への入場券が当たるプレゼント企画が実施されている。

1話まるごと試し読みPR

コミックナタリーをフォロー