コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

赤塚不二夫「ひみつのアッコちゃん」、上北ふたごの手で現代版にリメイク

1570

赤塚不二夫「ひみつのアッコちゃん」を原作とする「ひみつのアッコちゃん μ(ミュー)」が、ホーム社のWebマンガサイト・スピネルにて本日10月21日より連載を開始した。マンガは上北ふたご、シナリオは井沢ひろしが手がける。

1962年よりりぼん(集英社)にて連載された「ひみつのアッコちゃん」は、主人公の「アッコちゃん」こと加賀美あつ子が鏡の精から何にでも変身できる魔法のコンパクトをもらい、その力で人助けをするコメディ。赤塚自身による3度のマンガ連載のほか、アニメ、実写テレビドラマ、実写映画など数多くのメディア展開がなされた。

「ひみつのアッコちゃん μ」は、赤塚の生誕80周年企画として現代を舞台に展開。祖母の形見である鏡を大事にするアッコちゃんだったが、あるきっかけで鏡が割れてしまい、その夜に不思議な夢を見る。アニメ「プリキュア」シリーズのコミカライズや数多くのアニメのキャラクターデザインで知られる上北による、現代版アッコちゃんに期待しよう。今後は毎月第3金曜日に更新予定。

コミックナタリーをフォロー