映画「聲の形」主題歌はaiko!取り乱すほど歓喜「とてもとても幸せです!」

4161

大今良時原作による劇場アニメ「映画『聲の形』」の主題歌を、aikoが担当することが決定した。

「映画『聲の形』」ビジュアル

「映画『聲の形』」ビジュアル

大きなサイズで見る(全3件)

aiko

aiko[拡大]

aikoがアニメーション映画の主題歌を務めるのは、2005年に公開された映画「あらしのよるに」以来11年ぶり。aikoは「自分のライブのMCで1巻全部のストーリーを話してしまったほど」の原作ファンだといい、「この映画のそばにずっといられる歌をうたいたい!と強く思いました」と意気込みを語っている。

「聲の形」は、聴覚障害者の西宮硝子と、彼女を傷つけた少年・石田将也を中心とした物語。別冊少年マガジン2011年2月号に掲載された読み切りを経て、2013年8月より週刊少年マガジン(ともに講談社)にて連載された。映画は9月17日より全国ロードショー。

この記事の画像・動画(全3件)

aikoコメント

映画「聲の形」の主題歌のお話をいただき本当にびっくりしました!私は「聲の形」の漫画が大好きで、読んだ時感動して自分のライブのMCで1巻全部のストーリーを話してしまったほどなのです。なので、とても嬉しいのと同時にこの映画のそばにずっといられる歌をうたいたい!と強く思いました。最近1日中気合いが入っています、それが毎日続いています、大変ですがとてもとても幸せです!本当にありがとうございます!うわぁああぁーーーーーーーー!!!!!やったーーーーーーーーーーー!!!!!すいません・・・取り乱してしもて。。。是非ともよろしくお願いします!

「映画『聲の形』」

原作:「聲の形」大今良時(講談社コミックス刊)
監督:山田尚子
脚本:吉田玲子
キャラクターデザイン:西屋太志
美術監督:篠原睦雄
色彩設計:石田奈央美
設定:秋竹斉一
撮影監督:高尾一也
音響監督:鶴岡陽太
音楽:牛尾憲輔
音楽制作:ポニーキャニオン
アニメーション制作:京都アニメーション

キャスト

石田将也:入野自由
西宮硝子:早見沙織

全文を表示

関連記事

aikoのほかの記事

リンク

関連商品

(c)大今良時・講談社/映画聲の形製作委員会

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 aiko / 大今良時 / 映画「聲の形」 の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。