コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

映画「ピーチガール」最悪の小悪魔・沙絵役は永野芽郁

600

永野芽郁

永野芽郁

上田美和原作による映画「ピーチガール」で最低最悪の小悪魔・柏木沙絵役を、永野芽郁が演じることが明らかになった。

映画「俺物語!!」では猛男との恋をゆっくり育むピュアな女子高生・大和役を務めた永野。一転、今作では山本美月演じるヒロイン・もものお気に入りを手に入れるためには手段を選ばない、見た目は天使で中身は悪魔という強烈なキャラクターに挑む。上田は「5歳の頃から短くしたことがない髪をバッサリ切って役に臨んで下さった永野芽郁さん。こんなに清楚で可愛らしい方に沙絵役を演じてもらっていいのでしょうか。申し訳ない反面、楽しみな気持ちでいっぱいです」とエールを送った。

「ピーチガール」は、別冊フレンド(講談社)で1997年10月号から2004年1月号まで連載されたラブストーリー。もも役を演じる山本美月と、カイリ役に扮するHey! Say! JUMPの伊野尾慧のダブル主演で、2017年に上映される。

永野芽郁コメント

沙絵は「最低最悪」と言われるキャラクターですが、こんな風に自分の思ったことを素直に行動に移せるのは、自分にはできない部分なので、そこがカッコいいなと思いました。今回演じるにあたって、自分がこうされたら嫌だな、ムカつくな、という表情を、原作を読みながら鏡の前でいろいろ研究しています。髪もバッサリ切り、5才以来のショートにしましたが、想像以上に沙絵っぽくなってホッとしました。今までの私とは違う私になれるよう、そして映画を観た人に「最低最悪のヤツ」と思われるよう、頑張りたいと思います。

神徳幸治監督コメント

最後までキャスティングに難航した沙絵役でしたが、永野さんに決定し、顔合わせで「髪切ります!」とまっすぐな目で言ったあの瞬間から、彼女が沙絵役を演じる運命だったんだと確信しました。
加賀まりこさん以来の小悪魔&魔性な永野さんをスクリーンで楽しんでもらえればと思います。

上田美和

5歳の頃から短くしたことがない髪をバッサリ切って役に臨んで下さった永野芽郁さん。こんなに清楚で可愛らしい方に沙絵役を演じてもらっていいのでしょうか。申し訳ない反面、楽しみな気持ちでいっぱいです。机の前から応援してます。

1話まるごと試し読みPR

コミックナタリーをフォロー