コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

劇場版「亜人-衝突-」完成披露、宮野真守「かけがえのない友情に救われる」

875

桜井画門原作による劇場アニメ第2部「亜人-衝突-」の完成披露上映会が、本日4月15日に東京・お台場シネマメディアージュにて開催。永井圭役の宮野真守、中村慎也役の梶裕貴瀬下寛之総監督、安藤裕章監督が登壇した。

完成した作品を観た宮野は「今回は第2部なんですが、同じ『亜人』というテーマなのにこんなにも表情の違う作品を見せつけられるとは……と非常に感動しました」とコメントする。司会に「第2部の終わり方がズルい」と突っ込まれると、瀬下総監督は「テレビシリーズの最終回のときもTwitterで『これで終わりかよ!』といっぱい書いていただいて……」と振り返り、客席から笑いがこぼれる。「でも僕らにとっては(「続きが観たい」という)ある種の褒め言葉なので。安藤監督と一緒に『ありがとう』と思っていたんです」と告白。「恐らく第2部の終わり方も同じお叱りをいただくことに……」と様子を伺いながらも、「(第3部への)期待感を高めていただけるんじゃないかな」と自信を持って答えた。

その後は梶裕貴演じる中村慎也をフィーチャーした、アニメ「中村慎也事件」の特別映像を披露。アニメ「中村慎也事件」は5月6日に発売される、原作マンガ「亜人」の8巻限定版に付属する。映像を観た宮野は「梶くんが素敵でした」としみじみ口にし、観客から拍手を受ける。続けて「僕らにしかわからない気持ちがあると思うんですよ。亜人として生きるって……大変だよね……」と梶の顔を見ながら語りかけると、梶も「そうですね……。なかなかみんな亜人になったことないですもんね。本当に大変なんですから」と深く共感した。

「中村慎也事件」では慎也と、江口拓也演じる祐介、「亜人-衝突-」では圭と細谷佳正演じる海斗の友情が描かれる。監督2人は「非日常の世界を描いた作品だけど、この話の根底にあるテーマはかけがえのない友情」であると述懐。宮野も「観ていてもそこが救いだなって本当に思うんです。(友情が)作品の魅力にもなっていると思うし、グッと見入ってしまうのはそこに“人”を感じるからなんだなって」と思いを口にした。

最後の挨拶で宮野は「テレビシリーズを観てくださった方はどんなことが起こるのか知っているのかもしれないんですけど、その思いを覆されるほど、映画としての見せ方に監督のおふたりはこだわっていらっしゃる。違うものを観せられる衝撃を感じていただけると思います」と語る。安藤監督は第2部を同シリーズの「ターニングポイント」と説明し、「圭くんの変化もですし、それを取り巻く状況も変わっていきます。その変化を観てほしい」とメッセージを送った。

続く瀬下総監督は「圭くん、それぞれの登場人物は過酷な状況下の中で、みんなどこか人間らしくなっていきます。死を扱う作品ですけど、人間らしさと生命感があふれていく、そういう印象を持ってもらえると信じております。それはお話全体を通して必ず感動につながっていくと思っておりますので、これからも『亜人』シリーズを楽しんでいただけたら幸いです」と思いを語った。

good!アフタヌーン(講談社)にて連載中の「亜人」は、決して死なない新人類・亜人と、それを追う国家権力との攻防を描いたバトルサスペンス。劇場アニメ第2部「亜人-衝突-」は5月6日より26日までの期間上映される。

アニメ「亜人」

劇場アニメ3部作第2部「亜人 -衝突-」

公開期間:2016年5月6日(金)~5月26日(木)

劇場アニメ3部作第3部「亜人 -衝戟-」

公開期間:2016年9月23日(金)~

制作スタッフ

原作:桜井画門(講談社「good! アフタヌーン」連載)
総監督:瀬下寛之
監督:安藤裕章
シリーズ構成:瀬古浩司
プロダクションデザイナー:田中直哉、フェルディナンド・パトゥリ
キャラクターデザイナー:森山佑樹
造形監督:片塰満則
美術監督:滝口比呂志、松本吉勝
色彩設計:野地弘納
演出:りょーちも、鹿住朗生、井手恵介、岩田健志
CGスーパーバイザー:岩田健志、菅井進、上本雅之、溝口結城
編集:肥田文、渡邊潤
音響監督:岩浪美和
音楽:菅野祐悟
音楽制作:キングレコード
アニメーション制作:ポリゴン・ピクチュアズ
製作:亜人管理委員会
配給:東宝映像事業部

キャスト

永井圭:宮野真守
海斗:細谷佳正
永井慧理子:洲崎綾
佐藤:大塚芳忠
田中功次:平川大輔
戸崎:櫻井孝宏
下村泉:小松未可子
オグラ・イクヤ:木下浩之
中野攻:福山潤
曽我部:鈴村健一
アルメイダ:森川智之
マイヤーズ:坂本真綾
琴吹武:斉藤壮馬
中村慎也:梶裕貴

(c)桜井画門・講談社/亜人管理委員会

コミックナタリーをフォロー