コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

少年ライバル7月号に「金田一」と「シバトラ」の番外編

月刊少年ライバル(講談社)は、少年マガジン系列連載作品の番外編を掲載していく「プレミアム番外編読み切りシリーズ」を発売中の7月号より開始する。第1弾は、週刊少年マガジン(講談社)の人気タイトル「金田一少年の事件簿」と「シバトラ」の番外編だ。

天樹征丸原作、さとうふみや作画「金田一少年の事件簿」の番外編は、主人公・金田一一と七瀬美雪の中学時代を描き、いつもより幼い2人が、中学校のプールで起きる事件を解決する。番外編第2弾も決定しており、ライバル10月号に掲載される予定。

一方、安童夕馬原作、朝基まさし作画「シバトラ」の番外編も、主人公・柴田竹虎の中学時代が描かれている。小柄で消極的ないじめられっ子竹虎が、のちに全国大会で最年少優勝を果たす剣道を始めたきっかけが描かれている。

また同号には綴じ込み付録として、8人の豪華ゲスト作家陣による描き下ろし「『アイドルマスターブレイク!』GUEST ILLUSTRATION BOOK The first volume」が封入されている。秋風白雲綾永らんこげどんぼ*樋口彰彦藤真拓哉外薗昌也星樹YUGによる、「アイマス」のフルカラーイラスト集だ。

なお7月4日発売のライバル8月号に登場する番外編は、前川たけし「鉄拳チンミ」と、伊賀大晃原作、月山可也作画「エリアの騎士」。9月号には吉河美希「ヤンキー君とメガネちゃん」、10月号には瀬尾公治「君のいる町」の番外編が掲載される予定となっている。

コミックナタリーをフォロー