コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

仙石秀久を描く「センゴク権兵衛」ヤンマガで開幕!次号小田原ドラゴン登場

42

宮下英樹「センゴク」シリーズの第4部「センゴク権兵衛」が、本日11月9日発売のヤングマガジン50号(講談社)にて開幕した。

「センゴク権兵衛」は戦国武将・仙石権兵衛秀久の一代記を描く「センゴク」シリーズの最終章。第3部までで立身出世を遂げ、一国を預かる大名となった仙石秀久の人生において、最も波乱に満ちた部分が描かれる。第1話は天正12年(1584年)の九州を舞台に、肥前の戦国大名・龍造寺隆信が戦った沖田畷の戦いから始まる。

なお11月16日発売の次号51号より、3号連続で新連載がスタート。第1弾は「チェリーナイツ」などで知られる小田原ドラゴンの「ロボニートみつお」。第2弾は三田紀房、第3弾は西尾維新とはっとりみつるのコンビが登場する。

コミックナタリーをフォロー