コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

BRUTUSでオトナのマンガ特集、ヨクサルが憧れの人と……

5月15日発売のBRUTUS 663号(マガジンハウス)は、創刊30周年を迎える週刊ヤングジャンプ(集英社)とがっちりコラボレーションを果たした「オトナのマンガ」特集を組んでいる。

特集では、ヤンジャン連載マンガ家たちが、各界著名人と夢の共演を実現。本宮ひろ志×EXILEのHIROによる社長対談、森田まさのり×千原ジュニアによる「お笑い」対談、石川優吾×岸部四郎のカッパ人生マンガ、高橋陽一がサッカー選手の中村憲剛をマンガ化するなど、魅力的な企画が目白押しだ。

中でも注目は、柴田ヨクサル×スガシカオによるコラボマンガ。デビュー当時からのスガファンだというヨクサルは、スガの名曲を題材に大胆なリミックスを施した、10ページの読み切りマンガを描き下ろした。題材となった曲をめぐる柴田とスガの対談も収録されている。

その他、おおひなたごう×しりあがり寿向浦宏和×ケンドーコバヤシ、井上雄彦と担当編集者のミーティング公開、奥浩哉の「GANTZ」制作の舞台裏、さらに付録には「ローゼンメイデン」ピンナップと、超豪華なラインナップ。昨今多く見かける一般誌によるマンガ特集の中でも、群を抜いて充実した内容に仕上がっている。

コミックナタリーをフォロー