コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

アニメ「進撃!巨人中学校」先行上映会、梶裕貴「エレンは音痴なイメージ」

511

(左から)ミカサ役の石川由依、エレン役の梶裕貴、アルミン役の井上麻里奈。

(左から)ミカサ役の石川由依、エレン役の梶裕貴、アルミン役の井上麻里奈。

諫山創中川沙樹原作によるTVアニメ「進撃!巨人中学校」の先行上映会が、本日9月26日に東京・新宿バルト9にて行われた。

イベントでは出演声優によるトークショーが実施され、エレン役の梶裕貴、ミカサ役の石川由依、アルミン役の井上麻里奈が出演。TVアニメ「進撃!巨人中学校」の実写パート「進撃!トレジャーハント」のジャージを着て現れた3人は「『進撃の巨人』は舞台挨拶でもシリアスな心持ちのときが多かったけど『巨人中』は全然違う」と口々に本編とのギャップを語る。石川は「このアニメは絶対面白いから、私たちも早く皆さんに観ていただきたいと思っています」と期待を煽った。

挨拶のあと、スクリーンにアニメ「進撃!巨人中学校」のキービジュアルが映し出される。梶は「(『進撃の巨人』の原作やアニメだと)もうこの世にいない人たちにもまた会える! もう半分になったりしない」ととびきりの笑顔。井上も「マルコー!!」と叫び、会場は笑いに包まれた。梶が女性キャラについて「クリスタは女神」「アニがめちゃくちゃかわいい」と感想を述べると、井上も「アニは本編でずっとクールだから、ギャップがあってかわいい」と同意。石川は「かわいいからこそ、すごく敵対視してる」とライバル心を見せつけた。

アニメ「進撃!巨人中学校」では、毎回アニメパートの放送後に、メインキャストが出演する実写パートが放映される。そのPVをスクリーンで鑑賞し、ベルトルト役の橋詰知久が足つぼを押され身悶えるシーンを観て梶は「僕も1週間くらい足が腫れた。あの先生、許せない」と笑いながら収録エピソードを披露。このほか3人は男女別チームでの調理実習では熱戦が繰り広げられたと語ったほか、サシャ役の小林ゆうによる「サシャがひとりで○○してみた!!」に興味津々の様子を見せた。

また梶演じるエレンと谷山紀章演じるジャンは、エンディングテーマ「反撃の大地」でメインボーカルを務める。曲のレコーディングについて話を振られた梶は「自分のなかでエレンは音痴というイメージがあった」と明かし、「だけどそのまま音痴に歌ってしまうと、エンディングとして最悪な形になってしまうので、楽曲のカッコよさを意識しました」と話した。ともに歌うジャンについては「ジャン役の方は歌がうますぎる」と熱弁。梶と井上は声を合わせて「うますぎて腹がたつ」とヒートアップし、観客を爆笑の渦に巻き込んだ。

「心臓を捧げよ!」のポーズで締めることが多い「進撃の巨人」イベント。今回梶は「『巨人中学校』ということで趣向を変えて、『起立!気をつけ!礼!』で締めましょう」と観客に語りかける。エレンの声で「起立!気をつけ!休め!気をつけ!巨人中学校をよろしくお願いします!礼!」と放った声に観客が応え、会場がひとつに。続いてチャイムの音が鳴り響き、上映会は幕を閉じた。

アニメ「進撃!巨人中学校」は10月3日25時58分からMBSでの放送を皮切りに、TOKYO MX、BS11、RKK(熊本放送)でオンエア。キャストはアニメ「進撃の巨人」と同じ声優が担当する。

(c)中川沙樹・諫山創・講談社/「進撃!巨人中学校」製作委員会

コミックナタリーをフォロー