コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

平本アキラ「俺と悪魔のブルーズ」が復活

483

9月5日に誕生する新増刊・ヤングマガジンサード(講談社)にて、平本アキラ「俺と悪魔のブルーズ」の連載が復活する。

「俺と悪魔のブルーズ」は、2004年から2008年まで月刊アフタヌーン(講談社)にて連載され、単行本は4巻まで刊行中。1920年代末のアメリカ南部を舞台に、悪魔との取り引きによって超人的なブルーズマンとなった黒人の青年を描く物語だ。

そのほかヤングマガジンサードでは、「ゾンビッチはビッチに含まれますか?」の柊裕一による「ありそうでNASA荘」、大清水さち原作・ヤス作画による「腐らんす日記」、「うどんの国の金色毛鞠」の篠丸のどかによる「花と黒鋼」、夢枕獏原作・雨衣新空作画「ヴィラネス ―真伝 寛永御前試合―」なども連載。既報の通り、三島衛里子、朝霧カフカ、イナベカズ、茂木清香、荒木宰も執筆する予定だ。

ヤングマガジンサードは、毎月6日発売の月刊誌。ヤンマガなのに「グラビアがない」「不良がいない」「週刊じゃない」「中綴じじゃない」というように、「『じゃない方』のヤンマガ」というコピーを掲げている。

ヤングマガジンサード

平本アキラ「俺と悪魔のブルーズ」
三島衛里子「ヨーソロー!! ―宜シク候―」
イナベカズ「ロック・ミー・アマデウス」
朝霧カフカ 小説「ギルドレ」
茂木清香「眠れる森のカロン」
柊裕一「ありそうでNASA荘」
荒木宰「大日本サムライガール新党」
大清水さち原作、ヤス作画「腐らんす日記」
夢枕獏原作、雨衣新空作画「ヴィラネス ―真伝 寛永御前試合―」
篠丸のどか「花と黒鋼」 ほか

コミックナタリーをフォロー