コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

ブレイド生え抜き新人が初表紙!明治が舞台の怪異譚始動

39

本日5月30日に発売された月刊コミックブレイド7月号(マッグガーデン)にて、ブレイド漫画賞出身の新人・森野きこりの新連載「明治瓦斯燈妖夢抄 あかねや八雲」がスタートした。新人の初連載としては異例の、表紙とセンターカラーを飾っている。

「明治瓦斯燈妖夢抄 あかねや八雲」は明治を舞台に、「拝み屋」を名乗る怪しげな外国人を取り巻く事件を描く怪異譚。拝み屋を追う新米警官が、遊郭で彼に出会うところから物語が始まる。

ほかにも今号では、「素足のメテオライト」の小西幹久による新連載「リィンカーネーションの花弁」がスタート。また瀬尾公治「Princess Lucia」の連載が再開した。

コミックナタリーをフォロー