コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

山田章博、小説の挿絵やカバー絵に焦点当てた展示が兵庫で

493

「BEAST of EAST~東方眩暈録~」などで知られる山田章博の原画展「山田章博~挿画の世界展~」が、5月28日から6月29日までの期間、兵庫県の芦屋市谷崎潤一郎記念館にて開催される。

「山田章博~挿画の世界展~」では、山田がこれまでに手がけてきた小説のカバーイラストや挿絵にフォーカス。真山仁「ハーディ」の挿絵や、宮部みゆき「ブレイブ・ストーリー」、奥山景布子「時平の桜、菅公の梅」のカバー原画などを、会期中に入れ替えながら約70点展示する。山田のイラストレーターとしての軌跡を辿ることができるこの機会、ファンは足を運んでみては。

山田章博~挿画の世界展~

会期:2014年5月28日(水)~6月29日(日)※月曜休館
時間:10:00~17:00 (最終入館は16:30、最終日は15:00まで)※6月8日はギャラリーにてトークショーを開催するため、原画展の観覧は13:00まで。
会場:芦屋市谷崎潤一郎記念館 ロビーギャラリー
住所:兵庫県芦屋市伊勢町12-15
料金:一般400円、大・高生300円、中学生以下無料、65歳以上200円

コミックナタリーをフォロー