コミックナタリー - マンガ・アニメの最新ニュースを毎日配信

「低俗霊狩り」自動人形編が再開、完全版には書店特典も

73

奥瀬サキ「低俗霊狩り 完全版」の1・2巻が、ワニブックスから発売された。これに続き、本日11月26日発売の月刊コミックガム2014年1月号(ワニブックス)には、「低俗霊狩り」の未完エピソード「自動人形」の中編が掲載されている。

「低俗霊狩り」は1990年前後に発表された、低級霊ばかりを扱う除霊師・流香魔魅の活躍を描く奥瀬の代表作。「自動人形」編は同作の中でも屈指の人気を集めながら、掲載誌の休刊にともない、中編まで描かれたところで中断に見舞われていた。新たに執筆された後編は、2014年1月25日発売の3月号に登場する。

これに先がけ、今号と12月26日に発売される2月号の2回に分けて、修正を施した中編がお目見え。中編は単行本未収録のため幻の1話と化していたが、再び雑誌掲載が実現した。前編は「低俗霊狩り 完全版」の2巻に収められているので、併せてチェックしてみよう。

今号にはさらに、「低俗霊狩り」のポスターも付属。また一部書店では「完全版」や今号の月刊コミックガムなどを対象に、特典を配布している。特典情報はコミックナタリーで公開中の「低俗霊狩り」特集に詳しいので、奥瀬へのインタビューとともに一読をおすすめしたい。

このほか今号では、「ラブやん」の田丸浩史が読み切り「コス地蔵」を発表。笠地蔵をモチーフに、下心に満ちた地蔵たちのやりとりを描いたコメディだ。

コミックナタリーをフォロー