新撰組でX-MEN!? 近藤るるる×冲方丁の幕末伝奇バトル始動

106

冲方丁原作による近藤るるるの新連載「ガーゴイル」が、本日9月30日発売のヤングキングアワーズ11月号(少年画報社)にてスタートした。

「ガーゴイル」の予告。

「ガーゴイル」の予告。

大きなサイズで見る(全2件)

「ガーゴイル」は鬼の副長こと新撰組の土方歳三を主人公にした、幕末伝奇アクション。第1話では土方と、新撰組を奇襲した謎の集団・八瀬童子衆との対峙が描かれる。なお巻末に掲載された冲方のインタビューによると、「ガーゴイル」は「新撰組で『X-MEN』」というアイデアからスタートしたとのこと。そのイメージがどのように発展したのかは、連載を追って確認していこう。

この記事の画像(全2件)

近藤るるるのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 近藤るるる の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。