ステージナタリー

「黒執事」サーカス編開幕、三津谷亮の一輪車など華麗なショーが展開

9993

「ミュージカル『黒執事』~NOAH’S ARK CIRCUS~」ゲネプロの様子。三津谷亮演じるダガー。

「ミュージカル『黒執事』~NOAH’S ARK CIRCUS~」ゲネプロの様子。三津谷亮演じるダガー。

「ミュージカル『黒執事』~NOAH’S ARK CIRCUS~」が、本日11月18日に東京・TOKYO DOME CITY HALLにて開幕した。

枢やなのマンガ「黒執事」を原作とした「ミュージカル『黒執事』」。今回の「~NOAH’S ARK CIRCUS~」では、原作のエピソード「ノアの方舟サーカス編」をもとに、英国各地で発生した子供の誘拐事件を調査するため、セバスチャン・ミカエリスとシエル・ファントムハイヴが謎の移動サーカス団に潜入する。セバスチャン役を前作に引き続き古川雄大が続投。そしてシエル役には内川蓮生が抜擢された。

公演は、高木俊寺山武志が扮するピエロが客席に登場するシーンで幕開け。2人はパントマイムやけん玉、ジャグリングなどのパフォーマンスを披露し、会場を温める。その後、シエルと悪魔・セバスチャンが契約する場面へと続き、舞台は一転して本邸での日常の場面へ。シェフのバルドロイ(鷲尾昇)、フットマンのフィニアン(河原田巧也)、メイドのメイリン(坂田しおり)といったお馴染みの3人が、使用人を紹介するナンバーを歌い、ミュージカル初登場となる新キャラクター・インド人の王子ソーマ(陳内将)とその執事・アグニ(TAKUYA)は、インド風のダンスナンバーで舞台を盛り上げる。

本作の見どころとなっているのは、サーカス小屋をイメージした舞台美術で展開される「ノアの方舟サーカス団」のショーだ。ジョーカー(三浦涼介)を中心に、蛇使いのスネーク(玉城裕規)や、猛獣使いのビースト(田野アサミ)、火吹き男のジャンボ(後藤剛範)といった個性豊かな団員が続々と登場。またピーター(倉知あゆか)とウェンディ(知念紗那)のフライングや、ナイフ投げのダガー(三津谷亮)による華麗な一輪車の技にも注目しよう。

「ミュージカル『黒執事』~NOAH’S ARK CIRCUS~」は、11月18日から27日まで東京・TOKYO DOME CITY HALL、12月3・4日に福岡・キャナルシティ劇場、12月9日から11日まで兵庫・あましん アルカイックホール、12月17・18日に愛知・刈谷市総合文化センター アイリス 大ホールにて上演。また12月18日の大千秋楽公演にはライブビューイングも実施される。

「ミュージカル『黒執事』~NOAH’S ARK CIRCUS~」

2016年11月18日(金)~27日(日)
東京都 TOKYO DOME CITY HALL

2016年12月3日(土)・4日(日)
福岡県 キャナルシティ劇場

2016年12月9日(金)~11日(日)
兵庫県 あましん アルカイックホール

2016年12月17日(土)・18日(日)
愛知県 刈谷市総合文化センター アイリス 大ホール

原作:枢やな(掲載 月刊「Gファンタジー」スクウェア・エニックス刊)
脚本:竜崎だいち・毛利亘宏
演出:毛利亘宏

キャスト

セバスチャン・ミカエリス:古川雄大
シエル・ファントムハイヴ:内川蓮生

スネーク:玉城裕規
ビースト:田野アサミ
ダガー:三津谷亮

ウィリアム・T・スピアーズ:輝馬

ソーマ・アスマン・カダール:陳内将
アグニ:TAKUYA(CROSS GENE)

バルドロイ:鷲尾昇
フィニアン:河原田巧也
メイリン:坂田しおり

葬儀屋(アンダーテイカー):和泉宗兵
フレッド・アバーライン:高木俊
シャープ・ハンクス:寺山武志

ドール:設楽銀河
ピーター:倉知あゆか(G-Rockets)
ウェンディ:知念紗那(G-Rockets)
ジャンボ:後藤剛範

ケルヴィン男爵:小手伸也
先生:姜暢雄

ジョーカー:三浦涼介

(c)2016 枢やな/ミュージカル黒執事プロジェクト

ステージナタリーをフォロー