音楽ナタリー

THE BEAT GARDEN、思い出のO-WESTでデビュー後初ワンマンツアー完走

332

THE BEAT GARDEN(Photo by Yoshika Horita)

THE BEAT GARDEN(Photo by Yoshika Horita)

THE BEAT GARDENが9月23日に東京・TSUTAYA O-WESTにてワンマンツアー「Sprout Tour」の東京公演を開催した。

8月にメジャー1stアルバム「I'm」をリリースしたTHE BEAT GARDEN。メジャーデビュー後初となるこのワンマンツアーで彼らはアルバムの収録曲を含むセットリストでライブを行った。

DJのSATORUに続いてMCのU、MASATO、REIがステージに登場すると、大歓声が沸き上がる。彼らはUの「始めようぜ! 東京!」という声があがると同時に「FLOWER」でライブをスタートさせた。MCの3人はステージを縦横無尽に走り回り、観客を盛り上げていく。「JUNGLE GAME」ではタオルを振ってオーディエンスと一体感を作り上げた。

「I'm」収録の「サイドディッシュ」ではメンバーと同じように観客もダンス。Uが曲の終わりに「ごちそうさまです!」と笑顔で手を合わせると、その姿に「かわいいー!」と歓声が飛んだ。東京初披露となった「Carried away」をはじめ、「君がいるから」「Fly Me High」では3人の美麗な歌声が会場に響く。ダンスビートが印象的な「Alive」では観客のジャンプでフロアが揺れた。

TSUTAYA O-WESTはU、MASATO、REIの3人が関西から上京してすぐに売り込みに来たライブハウスとあって、メンバーはこの会場でワンマンライブができる喜びを爆発させる。Uは満員のオーディエンスを前に「昔はお客さんが0人だったけど、ここに(ファンの)みんなと一緒に帰って来れました。ありがとうございます!」と誇らしげに語った。

THE BEAT GARDENは「Just Before Dawn」や「Promise you」といったバラードナンバーを歌い上げたあと、EDM色の強い「answer」を投下し、会場の空気を一変させる。そしてテレビアニメ「神撃のバハムート VIRGIN SOUL」のオープニングテーマに採用された「Walk This Way」「Just like strange rain」「Sky Drive」と怒涛の勢いでアッパーチューンを連投し、フロアの盛り上がりをピークへと導いた。

アンコールを受けたメンバーはそろいのTシャツに着替えて再びステージへ。ポップな「SHAKE IT OUT」を歌い終え、REIは「THE BEAT GARDENのこれまでのライブの中で一番盛り上がったと思う。新たな景色が見えたことで『もっと行ける』と思えました」と声をはずませる。Uは「みんなが自慢できるアーティストになりたいと毎日思っています。東京ドームには絶対立ちたいけど、来年はまずZeppでライブをしたい。みんなも僕らと一緒に歩んでください」と新たな目標を口にした。最後にTHE BEAT GARDENはメジャーデビュー曲「Never End」を披露。すべての演目を終えた4人は、Uの「絶対忘れない! 今日のこと!」という声に続いて手を取り合ってお辞儀をした。

THE BEAT GARDEN One man LIVE "Sprout Tour" 2017年9月23日 TSUTAYA O-WEST セットリスト

01. FLOWER
02. B.E.T
03. JUNGLE GAME
04. サイドディッシュ
05. Carried away
06. 君がいるから
07. Fly Me High
08. Alive
09. Don't think, feel.
10. Sky's The Limit
11. Just Before Dawn
12. Over
13. Promise you
14. answer
15. Walk This Way
16. Just like strange rain
17. Sky Drive
<アンコール>
18. SHAKE IT OUT
19. SOMEDAY
20. Never End

音楽ナタリーをフォロー