音楽ナタリー

MAGiC BOYZのラップ修行、第3弾のお相手はYOUNG-G&甲州弁ラッパー原田喜照ずら

277

MAGiC BOYZが3月29日にニューシングル「3.141592」をリリース。この作品の「ずら盤」の収録曲が発表された。

TOKYO HEALTH CLUBが楽曲提供した「3.141592」を表題曲とする本作は「お金があれ盤」「これからも盤」「ずら盤」の3形態が用意され、カップリングには“マジボのラップ修行”として、マジボと彼らの先輩アーティスト3組とのコラボ曲が1曲ずつ収められる。今回、「ずら盤」にはstillichimiyaのYOUNG-Gと51歳の甲州弁ラッパー・原田喜照とコラボした「『ずら』との遭遇!」が収録されることが明らかになった。 

「『ずら』との遭遇!」は甲州弁の「ずら」を多用した楽曲。マジボメンバーはオールドスクールなビートに乗せ、普段は言えないような“お恥ずかしい”内容のリリックをシャウトするラップスタイルに挑戦した。また楽曲の間奏部分には、小学生DJ・ジョーのスクラッチが初めて収録されている。

今回の発表でGAGLE、餓鬼レンジャー、YOUNG-G&原田喜照という3組のコラボ相手がすべて明らかに。なおコラボナンバーの制作過程はドキュメンタリーとしてYouTubeにアップされており、本日3月12日に第3弾が公開された。

YOUNG-G(stillichimiya) コメント

MAGiC BOYZに修行をさせてあげて欲しい、そんなオファーを受けてすぐ思い付いたのは元祖甲州弁ラッパー原田喜照こと、原ちゃん(その昔山梨県全域でローカルヒットした甲州弁ラップの代表曲「だっちもねぇこんいっちょし」はstillichimiyaもカバーしている)と一緒に曲を作らせるという事だった。世代や年齢、住んでる場所、全く違うこの両者を一つの曲にするというこのミッションは少なからず難航した。しかし原ちゃんの作り出すオールドスクールなビートに、マジボの若くてフレッシュなラップ。そして何と言っても、それらを繋げるキーワードは甲州弁「ずら」。これらの要素をミックスし、試行錯誤の末、素晴らしい曲になりました。これで無事若い世代が「『ずら』との遭遇!」を果たせたと思います。「ずら」が標準語になる、と言われる「ズーラーネイション」の復活も近い!

原田喜照 コメント

今回のコラボ企画の話をYOUNG-Gから聞いた時「長いこん歌っていりゃあ、良い話が転がり込んで来るんだなぁ、よっしゃ!」と二つ返事で受けるこんにしました。
曲の方も絞り出して、原ちゃんワールド全開! YOUNG-Gには、ちっとご苦労かけましたがいい感じのぶっ飛びようです。レコーディングの時、マジボメンバーは何かを吹っ切るようにシャウトしてましたよ。甲州弁標準語化計画! 遂に始まりました。次はマジボのファンのみんなが「『ずら』との遭遇!」をする番だ! ずら~~~!

MAGiC BOYZ コメント

今回の曲は結構ハジける感じの曲だったので、また一皮むけることができました。2人ともすごく面白い方で楽しいレコーディングでした。でも富士山は、山梨ではなく静岡のものです!
トーマ(静岡県民)

今回はマジボ初挑戦の方言を使ったラップをやりました!
「ずら」のカリスマの原ちゃんさんとYOUNG-Gさんに「ずら」の使い方を教えてもらい楽しんでやることができました!
歌詞には結構お恥ずかしい言葉も入っているのですが……振り切ってやるととてもかっこよくなることを学びました!
恥をかくことは恥ずかしくない! と分かったので、今後のliveに期待してほしいです!
リュウト

「『ずら』との遭遇!」は、とてもノリノリな感じで、マジボの声と原ちゃんの声が上手く重なって面白い曲になっています!
YOUNG-Gさんは、見た目は厳しそうな感じでしたが実際はとても優しい方でした!
原ちゃんは、とても面白い人でレコーディング中もたくさんおしゃべりできてとても楽しかったです!
マヒロ

歌いだし部分がめっちゃおもしろい!
韻を踏むのもだじゃれみたいだし、練習してても笑っちゃってた!
でも、3組の師匠の中で一番厳しい先生だったと思います。
まじめに面白いかっこいい先生でした!
ジョー

音楽ナタリーをフォロー