音楽ナタリー

Nothing's Carved In Stone、coldrainと迎えた最高のツアー初日

1628

Nothing's Carved In Stone(撮影:橋本塁[SOUND SHOOTER])

Nothing's Carved In Stone(撮影:橋本塁[SOUND SHOOTER])

Nothing's Carved In Stoneの対バンツアー「Hand In Hand Tour 2016」の初日公演が、2月13日に神奈川・Yokohama Bay Hallにて行われた。

「Hand In Hand Tour 2016」では全国11カ所を回るNothing's Carved In Stone。ツアー初日公演には対バン相手にcoldrainを迎え、激しいライブバトルを繰り広げた。先攻はcoldrainが務め、登場するなり轟音をフロアに叩き込み、オーディエンスを狂騒状態へと導く。汗だくになったMasato(Vo)はステージを縦横無尽に動き回りながら「かかってこいよ!」と煽り、次々とハイボルテージかつヘビーなナンバーを連続投下していった。また彼はMCでNothing's Carved In Stoneと対バンできる喜びを口にし、「一番ヤバいツアーの初日にしてください」と彼らへのエールを送ってステージをあとにした。

50分にわたるcoldrainの熱演を経て、Nothing's Carved In Stoneの出番に。「ウオー!」という怒号のような歓声が沸く中でステージに現れた4人は、のっけから勢いのあるパフォーマンスを繰り広げていく。村松拓(Vo, G)は「待ってた、今日をホントに待ってた」と、「Hand In Hand Tour 2016」初日を迎えられた感慨を口にしつつ、太く伸びやかな歌声を響かせる。1時間にわたるライブの中で、バンドは4月6日にリリースされるニューシングル「In Future」の表題曲もプレイ。生形真一(G)が奏でるヘビーなギターリフ、日向秀和(B)が作り出すうねるようなグルーヴ、大喜多崇規(Dr)の硬質なリズムが一体となって会場を揺らしていく。

なおアンコールで村松が「新曲どうだった?」と尋ねると大きな拍手が起き、新曲がオーディエンスに受け入れられたことを感じさせる場面も。そして「Hand In Hand Tour 2016」初日公演は、村松の「また会おうぜ横浜! 最高でした、ありがとう」という言葉をもって締めくくられた。

なお「Hand In Hand Tour 2016」は、このあと各地で展開され4月3日の長崎・DRUM Be-7にてファイナルを迎える。

Hand In Hand Tour 2016(※終了分は割愛)

2016年2月19日(金)兵庫県 神戸VARIT.
<出演者>
Nothing's Carved In Stone / 04 Limited Sazabys

2016年2月21日(日)石川県 金沢EIGHT HALL
<出演者>
Nothing's Carved In Stone / BRAHMAN

2016年3月5日(土)岩手県 Club Change WAVE
<出演者>
Nothing's Carved In Stone / 9mm Parabellum Bullet

2016年3月6日(日)福島県 郡山HIP SHOT JAPAN
<出演者>
Nothing's Carved In Stone / 9mm Parabellum Bullet

2016年3月23日(水)愛知県 名古屋CLUB QUATTRO
<出演者>
Nothing's Carved In Stone / SiM

2016年3月24日(木)大阪府 梅田CLUB QUATTRO
<出演者>
Nothing's Carved In Stone / SPECIAL OTHERS

2016年3月26日(土)愛媛県 Wstudio RED
<出演者>
Nothing's Carved In Stone / SPECIAL OTHERS

2016年3月31日(木)広島県 広島CLUB QUATTRO
<出演者>
Nothing's Carved In Stone / 赤い公園

2016年4月1日(金)福岡県 DRUM Be-1
<出演者>
Nothing's Carved In Stone / tricot

2016年4月3日(日)長崎県 DRUM Be-7
<出演者>
Nothing's Carved In Stone / tricot

音楽ナタリーをフォロー

  • 読者アンケート実施中【音楽ナタリー】