映画ナタリー

「マイティ・ソー」新作吹替版で天海祐希が死の女神に声当てる、沢城みゆきも参加

385

天海祐希

天海祐希

マイティ・ソー バトルロイヤル」の日本語吹替版に、天海祐希沢城みゆきが参加するとわかった。

タイカ・ワイティティが監督した本作は、アベンジャーズの一員として知られるソーの戦いを描く「マイティ・ソー」シリーズ第3弾。故郷アスガルドを攻撃した死の女神ヘラに立ち向かうべく、ソーがアベンジャーズの盟友ハルク、宿敵である弟のロキらと即席チーム“リベンジャーズ”を結成する。

天海が声を当てるのは、ケイト・ブランシェット演じるマーベル映画初の女性ヴィラン・ヘラ。「崖の上のポニョ」や「ミニオンズ」でも声優を務めた天海にとって、実写作品の吹替は「リアル・スティール」以来2本目にあたる。米ロサンゼルスにて現地時間10月10日に開催される本作のワールドプレミアへ参加する予定の天海は、この発表にあたり「ケイト・ブランシェットさんがすごく素敵な低音の声で演じられていたので、低音の声で、英語の流れるような印象がでるように意識して演じさせていただきました」とコメントしている。

また、ヘラと同じく新キャラクターであるヴァルキリーの声を沢城が担当。テッサ・トンプソン扮するヴァルキリーは大酒飲みの女戦士で、ソーたちとともにヘラに立ち向かうという役どころだ。「マイティ・ソーとロキ、大・大・大好きです!」と話す沢城は、「ヴァルキリーの、戦士としてのカッコ良さだけではなく、彼女のチャーミングなキャラクターを出せるように、工夫しながら担当させて頂きました」とこだわりを明かした。

このほか「アベンジャーズ」シリーズと同じく、ソー役を三宅健太、ロキ役を平川大輔、ハルク / ブルース・バナー役を宮内敦士が担当。またワイティティが演じている新キャラクターであり、獄中で出会った縁でソーとともに戦いに参加する惑星サカールの囚人・コーグに、金谷ヒデユキが声を当てる。

「マイティ・ソー バトルロイヤル」は、11月3日より日米同時公開。

天海祐希 コメント

実写映画の声優として、これだけ長く複雑なセリフに声をあてるのは今回がはじめてだったので緊張しましたが、俳優としても尊敬するケイト・ブランシェットさんの声を演じるということで、お仕事をいただきとても光栄でした。
ケイト・ブランシェットさんがすごく素敵な低音の声で演じられていたので、低音の声で、英語の流れるような印象がでるように意識して演じさせていただきました。
私が演じた死の女神・ヘラというキャラクターは、1人で1000人に立ち向かうほど最強なのですが、なぜ復讐をするのか?がわかる重要なシーンでは、彼女が深い心の闇を抱えていることがわかってとても好きなシーンです。
完成前のものを役得で先に拝見させてもらいましたが、とってもおもしろいです。期待していてください。
ファンの方が多い作品なので、気に入ってもらえると嬉しいです。

沢城みゆき コメント

マイティ・ソーとロキ、大・大・大好きです! ですので、お仕事のオファーを頂いた時は、とても嬉しく、光栄でした。
ヴァルキリーの、戦士としてのカッコ良さだけではなく、彼女のチャーミングなキャラクターを出せるように、工夫しながら担当させて頂きました。
皆様、どうぞご期待ください!

(c)Marvel Studios 2017

映画ナタリーをフォロー