映画ナタリー

松岡禎丞「幸せだった」、「SAO」初日に井上芳雄や神田沙也加との共演振り返る

1768

「劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-」初日舞台挨拶の様子。左から松岡禎丞、戸松遥、神田沙也加、井上芳雄、鹿賀丈史、伊藤智彦。

「劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-」初日舞台挨拶の様子。左から松岡禎丞、戸松遥、神田沙也加、井上芳雄、鹿賀丈史、伊藤智彦。

劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-」の初日舞台挨拶が行われ、キャストの松岡禎丞戸松遥神田沙也加井上芳雄鹿賀丈史、監督の伊藤智彦が登壇した。

川原礫の小説を原作にした本作は、テレビアニメ「ソードアート・オンライン」の続編。次世代AR(拡張現実)型情報端末“オーグマー”専用ゲーム「オーディナル・スケール」に隠された陰謀を描く。主人公・キリトを松岡、ヒロインのアスナを戸松が演じる。

劇場版キャストの神田、井上、鹿賀との舞台挨拶に緊張していると言う松岡は「これだけ豪華なメンバーが……」と言葉にならない様子。一方、戸松は「一緒に立ててすごくうれしい」と声を弾ませ、松岡とは対照的な姿を見せる。

舞台を中心に活動する面々が劇場版キャストである理由を聞かれた伊藤は「ミュージカル界隈の人であれば、アニメーションと親和性が高いのではないかと思った」と回答。アニメ好きとして知られる神田は「マネージャーさんからオファーの話を聞いたとき『劇場版 ソードアート・オ』ぐらいで『やります!』って答えました。いや『劇場版 ソードア』ぐらいかな」と楽しげに振り返る。キリトと対立するエイジに声を当てた井上は「舞台上では基本的にいい人しか演じないようにしてきたんですが」と笑い、「悪い役いいなと思いました。あと自分の役がものすごく強くて快感でした」と述懐する。

劇中でARアイドル・ユナとして歌声を披露している神田は「梶浦(由記)さんとも音楽のお仕事ができて、いい思い出と宝物ができた」と思いを明かす。「僕には1曲も歌がなかった。いつ歌わせてもらえるのかなと思っていた」と冗談交じりにアフレコを回想する井上は、「それでも呼んでいただけて本当にうれしかった」と述べ、笑顔を見せる。

松岡は劇場版キャストの演技を「神田さんはうまい」「井上さんの気迫に乗っかれた」と称賛し、オーグマーの開発者・重村役の鹿賀について「完成されていて『勝てないですわ』と思いました」と述懐。「でも幸せな現場だった」と続ける松岡は「アフレコのときはそれでも負けないつもりでやりました。そうしないと役に対しても失礼なので」と力強く語った。

作品について井上は「参加させていただけたことを光栄に思っています。今の時代に必要な物語だと思います」と意義をアピール。最後の挨拶を振られた松岡は「何度も言っているんですが『ソードアート・オンライン』の集大成です。何回も観ていただき、いろんなキャラクターからの視点で、自分なりの解釈を作っていただきたいです」と述べ、観客に思いを届けた。

※映画ナタリー Power Push 公開中!
「劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-」松岡禎丞&戸松遥インタビュー

(c)2016 川原礫/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊/SAO MOVIE Project

映画ナタリーをフォロー