映画ナタリー

「咲-Saki-」イベントに浜辺美波ら登壇、浅川梨奈が撮影振り返り「まこ、加齢臭!」

73

劇場版「咲-Saki-」公開記念舞台挨拶の様子。

劇場版「咲-Saki-」公開記念舞台挨拶の様子。

本日2月4日、劇場版「咲-Saki-」の公開を記念した舞台挨拶が東京・TOHOシネマズ 日本橋で行われ、キャストの浜辺美波浅川梨奈SUPER☆GiRLS)、古畑星夏山田杏奈岡本夏美長澤茉里奈、監督の小沼雄一が出席した。

小林立のマンガをもとにした「咲-Saki-」では、清澄高校の麻雀部に所属する咲と和が、インターハイの頂点を目指して奮闘するさまが描かれる。

主人公の咲を演じた浜辺は「原作がすごく愛されている作品なので最初は不安でした。でも皆さんに支えられて楽しく撮影を終えることができたのでよかったです」としみじみ。また、実力派の和に扮した浅川は「麻雀の手さばきを意識して撮影に臨みました。監督から『手さばきだけは一番うまかったよ』と言っていただけてうれしかったです。『だけは』というのはちょっと気になりましたけど」と楽しげに語る。

山田は自身の役どころについて「まこは雀荘の娘で、歳上感を出さないといけない役だったんです。監督からは『オヤジ臭く。加齢臭』って言われていて。眉間にしわを寄せたり、オヤジっぽく見えるようがんばりました」と撮影中のエピソードを交えながら説明。浅川が「なかなかないよね。撮影現場で『まこ、加齢臭!』って言葉が飛び交うのは」と述べると、登壇者たちは笑顔を浮かべた。

撮影中楽しかったことを聞かれた古畑が「これだけ女の子が集まるとガールズトークがすごいんですよ。浅川ちゃんは特にぶっ飛んでて」と明かすと、浅川は恥ずかしそうな様子を見せる。小沼は「うちの娘が高校生なので父の気持ちでいたんですけど、こんな大人数どうやって面倒見ればいいんだと(笑)。でもキャストもスタッフも、みんなが本当に一生懸命取り組んでくれたのでここまで来れました」と感謝の気持ちを伝えた。

イベントでは、集まったファンに対し登壇者たちによるサイン入りのポスターをプレゼントするサプライズ企画も。当選者の座席番号を読み上げる際、古畑が「O(オー)の8番」を「ゼロの8番」と言い間違えるなど、会場には終始笑い声があふれていた。

浅川は「昨日から公開になりまして、Twitterで感想をチェックしてるんですけど、思っていた倍くらいお褒めの言葉をいただいていて。この作品に携わることができて幸せです」と、浜辺は「主演を務めさせていただいたこともあり、とても思い入れの強い作品です。皆さんにとっても特別な映画になったらうれしいです」と観客にメッセージを送った。

「咲-Saki-」は全国にて公開中。

(c)小林 立/SQUARE ENIX・「咲」プロジェクト

映画ナタリーをフォロー