映画ナタリー

玉井詩織「本番はマジでいく」と若葉竜也をビビらせた!?舞台挨拶で暴露される

163

「アニバーサリー」初日舞台挨拶の様子。前列左より青木崇高、小橋めぐみ、若葉竜也、鈴木福、玉井詩織、栗原類、入山法子、淵上泰史。後列左より佐々木敦規、高橋栄樹、萩原健太郎、森谷雄。

「アニバーサリー」初日舞台挨拶の様子。前列左より青木崇高、小橋めぐみ、若葉竜也、鈴木福、玉井詩織、栗原類、入山法子、淵上泰史。後列左より佐々木敦規、高橋栄樹、萩原健太郎、森谷雄。

オムニバス映画「アニバーサリー」の公開初日舞台挨拶が、本日10月22日に東京・新宿バルト9にて行われ、若葉竜也鈴木福玉井詩織ももいろクローバーZ)らキャストと、佐々木敦規ら監督たちが登壇した。

本作は「記念日」をテーマとした5つの物語で構成されるオムニバス作品。クマ型ブロックタイプフィギュア“BE@RBRICK”で知られるメディコム・トイの設立20周年を記念して制作された。

若葉、鈴木、玉井の3人は、佐々木がメガホンを取った1編「ハッピーバースデー」に出演。劇中で玉井から頭をはたかれるシーンがあったという若葉は「テストではけっこう軽くやってくれたので『もっと強くてもいいですよ』と言ったら、玉井さんが『本番はマジでいくんで大丈夫です』って」と現場でのやり取りを振り返る。「さっき打ち合わせしてた話と違う!」とうろたえる玉井に、若葉は「『しおりんが来たら現場がすごい明るくなった』って言おうとしてたんだけどね。でもそれは皆さんわかってるから」とにやり。

監督の佐々木がももいろクローバーZのライブ演出を手がけていることもあり、玉井は「演出で私にいつもビンタをさせるから、やりなれてたのかも」と自身で推測する。若葉から「どう来るのかな?って緊張しちゃいましたもん」と打ち明けられると、玉井は「思いっきりいきすぎました。すみません!」と頭を下げた。

ほかに舞台挨拶には、「生日快樂十分幸福」の小橋めぐみ青木崇高、「記念日が行方不明」の栗原類と監督・高橋栄樹、「五十年目のシンデレラ」の監督・萩原健太郎、「#地上300mのタダオ」の淵上泰史入山法子、監督・森谷雄が出席。青木と小橋は、自分たちの出演作を手がけ、「アニバーサリー」の総監督も務めた本広克行の不在をいいことに、「あんなセリフを僕に言わせるなんてどうかしてる!」「監督に(演出で)言われたことで悲しくなって涙が止まらなかった」と言いたい放題。

また栗原は、共演した伊藤万理華(乃木坂46)について「撮影中に雨が降り始めてどうなるかと思っていたけれど、完成した作品を観たら伊藤さん(が演じた役)の心境がきれいに描き出されていて、伊藤さん“持ってる”と思いました」と裏話を明かす。最後に締めの挨拶を任された鈴木は「今日、こうやって皆様と出会えた記念日を忘れずに、また2回目も観に来てください!」と来場者に呼びかけ、堂々と役目を果たした。

なお本作のキャスト陣と監督陣が日替わりで登壇するトークイベントが、新宿バルト9にて10月24日より5日連続で開催される。詳細は映画公式サイトで確認しよう。

(c)2016 MEDICOM TOY

映画ナタリーをフォロー