映画ナタリー

ジャパンアクションアワード「HiGH&LOW」3冠、男優賞は「極道大戦争」KAERUくん

389

「春のアクションまつり」内で行われた第4回ジャパンアクションアワードにて、左から田中大登、園村健介、三元雅芸。

「春のアクションまつり」内で行われた第4回ジャパンアクションアワードにて、左から田中大登、園村健介、三元雅芸。

第4回ジャパンアクションアワードが、4月28日に東京・ロフトプラスワンで行われ、テレビドラマ「HiGH&LOW ~THE STORY OF S.W.O.R.D.~」が3冠を達成した。

ジャパンアクションアワードは日本俳優連合のアクション部会が主催する賞で、その年度に公開・放映された映画やテレビドラマから最優秀賞を決めるというもの。アワードはこの日開催された、アクション監督とスタントマンが集うイベント「春のアクションまつり」内で行われた。

最多受賞の「HiGH&LOW ~THE STORY OF S.W.O.R.D.~」はベストアクション作品賞をはじめ、第6話「RUDE BOYS」がベストアクションシーン賞、大内貴仁がベストアクション監督賞に輝く。大内は来場できなかったものの、登壇者である谷垣健治からの生電話に応じて会場に喜びの声を響かせた。

またベストスタントマン賞は1991年生まれの24歳、テレビドラマ「牙狼〈GARO〉-GOLD STORM-翔」などでの活躍が認められた田中大登が授かる。20代という若さのため周囲は興味津々の様子だったが、アルコールで顔を真っ赤にした当の本人がうまく話せず、会場は和やかなムードに。

続いてベストアクション男優賞に選ばれたのは、三池崇史監督作「極道大戦争」でKAERUくんを演じた三元雅芸。カエルの着ぐるみ姿であるにもかかわらず俊敏な動きを見せ、作品に強烈なインパクトを残した三元は「着ぐるみだから視界が狭くて苦労したけれど、(主演の)市原隼人さんが『大丈夫です!』と言ってくれて、思い切りどつき合いできました」と晴れやかな笑顔を見せる。

ベストアクション女優賞では「百円の恋」の安藤サクラ、「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」などの武田梨奈を抑え、押井守監督作「東京無国籍少女」の清野菜名が最優秀賞を受賞し、同作アクション監督の園村健介が代理で賞状を受け取った。さらに特別功労賞が、カースタントなどで知られるタカハシレーシングの社長・高橋勝大と、2015年10月に逝去した俳優・林邦史朗へ授与される。1965年から2015年にかけて大河ドラマ計43作品に出演したという林の功績に観客も登壇者も感嘆した。

アワードには受賞者以外にも関係者が多数出席。「図書館戦争 THE LAST MISSION」などがベストアクション作品賞にノミネートされた下村勇二は、主演の岡田准一を「俳優でなく格闘家と向き合っているようだった」と評する。そして岡田が提唱するトレーニング方法“岡田メソッド”にも話が及び、「腕立て伏せは地球を押す感覚で」という岡田の独特なアドバイスを披露して場内を沸かせた。

受賞結果一覧は以下の通り。

※高橋勝大の高は、はしごたかが正式表記

第4回ジャパンアクションアワード 受賞結果

ベストアクション監督賞

大内貴仁「HiGH&LOW ~THE STORY OF S.W.O.R.D.~」(テレビドラマ)

ベストアクション作品賞

「HiGH&LOW ~THE STORY OF S.W.O.R.D.~」(テレビドラマ)

ベストアクションシーン賞

「HiGH&LOW ~THE STORY OF S.W.O.R.D.~」(テレビシリーズ第6話「RUDE BOYS」)

ベストスタントマン賞

田中大登「牙狼〈GARO〉-GOLD STORM-翔」(テレビドラマ)など

ベストアクション女優賞

清野菜名「東京無国籍少女」

ベストアクション男優賞

三元雅芸「極道大戦争」など

特別功労賞

高橋勝大
林邦史朗

※アクションスタッフ集結!「春のアクションまつり」の記事はこちらから

映画ナタリーをフォロー