映画ナタリー

淵に立つ

淵に立つ

フチニタツ

解説

『歓待』『さようなら』の深田晃司監督が浅野忠信を主演に迎えたヒューマン・ドラマ。金属加工業を営む夫婦のもとに突然ひとりの男が現れたことから、平和だった家族の秘密があぶり出される様を描く。夫婦、家族、愛とは何かを問いかけながら、人間の心の奥に迫っていく。第69回カンヌ映画祭「ある視点」部門で審査員賞を受賞した注目作だ。

ストーリー

郊外で小さな金属加工工場を営む鈴岡家は、利雄、妻の章江、10歳の娘・蛍の3人家族。ごく平凡な毎日を送っていたある日、利雄の古い知人で最近まで服役していた八坂草太郎が現れる。利雄は章江に断りを入れずに八坂を雇い入れ、自宅の空き部屋を提供する。

2016年10月8日(土)公開 / 上映時間:119分 / 製作:2016年(日本=仏) / 配給:エレファントハウス

(C)2016映画「淵に立つ」製作委員会/COMME DES CINEMAS

(C) PIA

淵に立つのニュース

映画ナタリーをフォロー