新井隆広が「レ・ミゼラブル」をマンガ化、ゲッサンにて

 
mixiチェック

2013年7月12日 12:00 319

イメージ

新井隆広「レ・ミゼラブル」のカット。

イメージ イメージ イメージ

「ダレン・シャン」のコミカライズで知られる新井隆広が、9月12日に発売されるゲッサン10月号(小学館)にて新連載「レ・ミゼラブル」をスタートさせる。本日7月12日発売の8月号にて予告が打たれた。

「レ・ミゼラブル」はヴィクトル・ユーゴーによる古典的名作。19世紀のフランスを舞台に、囚人ジャン・ヴァルジャンの生涯を描く。映画やミュージカル、アニメなどさまざまなメディア化がなされ、2012年のミュージカル映画も話題を呼んだ。異国情緒の溢れる作風で知られる新井が、名作をどのように描くか期待しよう。

そのほか8月12日発売の9月号では山本崇一朗による「ふだつきのキョーコちゃん」、10月12日発売の11月号では熊谷祐樹による「終末風紀委員会(仮)」が、それぞれ連載を開始する。

Twitterからのコメント

さらに読み込む

ナタリーストア「ピンポン」グッズ
ナタリーストア「TOKYO CULTUART by BEAMS × egicco」グッズ
コミックナタリーpresents 現役マンガ編集者142人が年度折り返しの秋に選ぶ、この1年間に刺激を受けたマンガBest100。「コミックナタリー大賞 2013」公式サイト
コミナタ漫研 / マンガ家が語る「いま面白いマンガ」月例トークイベント全記録
コミックナタリーのニュースをTwitterでフォロー!