コミックナタリー

石ノ森章太郎「009ノ1」実写映画化!主演は岩佐真悠子

374

石ノ森章太郎「009ノ1」が、実写映画化されることが決定した。主人公のスパイ・009ノ1を演じるのは岩佐真悠子。映画は9月7日より、新宿バルト9ほか全国で順次レイトショー公開される。

「009ノ1」は漫画アクション(双葉社)で、1960年代から70年代にかけて連載されたアクションマンガ。1969年にはTVドラマ化、2006年にはTVアニメ化もされている。身体をサイボーグ化したセクシーなスパイ・009ノ1が、乳房に仕込まれたバストガンなどを駆使して指令を遂行していく内容だ。

映画板には岩佐のほか、木ノ本嶺浩、長澤奈央らが出演。また主人公が所属する機関の上層部として、竹中直人や杉本彩もキャスティングされている。

岩佐真悠子コメント

石ノ森ヒロインに選ばれて正直、プレッシャーが……。私で務まるんだろうかと思いましたがこの先そんな大役任せて頂けるかもわからないので、スタッフさん達の力を信じる事に。石ノ森ファンの皆様の評価はわからないけど、やれて良かったです!
慣れないアクションや寒さなど、大変だった事は多々あったはずですが、今思い返すと楽しい記憶しか残ってません!!

坂本浩一監督コメント

女性が強く、カッコ良く、セクシーなアクション映画。そんな邦画が見たい! という強い願いから生まれたのがこの作品です。邦画界でのヒロインアクション映画ジャンル樹立を目指して撮りました! 是非女性にも見てもらいたいです!

コミックナタリーをフォロー

  • コミックナタリー大賞