コミックナタリー

久米田康治キャラ原案の「有頂天家族」コミカライズ開始

183

本日4月30日に発売された月刊コミックバーズ6月号(幻冬舎コミックス)にて、森見登美彦「有頂天家族」を原作とするTVアニメのコミカライズ連載がスタートした。アニメのキャラクター原案は久米田康治が、コミカライズは岡田祐が手がけている。

またTVアニメの追加キャストとキャラクターデザインも公開された。決して姿を見せない矢三郎の元許嫁・海星は佐倉綾音が、落ちぶれてしまった大天狗・赤玉先生は梅津秀行が、下鴨家の父・下鴨総一郎は石原凡が演じる。なお作品の設定上、海星のキャラクターデザインは発表されていない。

6月16日には、京都南座で先行プレミアイベントを開催。原作者の森見登美彦が出演するほか、櫻井孝宏、諏訪部順一、吉野裕行、中原麻衣、能登麻美子といったキャスト陣と、吉原正行監督、P.A.WORKS代表の堀川憲司が登壇する。イベントの司会を務めるのは岩崎和夫と南かおり。チケットのプレオーダーは現在イープラスにて受付中だ。

有頂天家族 先行プレミアイベント

日時:2013年6月16日(日)14:30開場、15:00開演
会場:京都南座
出演:櫻井孝宏、諏訪部順一、吉野裕行、中原麻衣、能登麻美子、吉原正行監督、堀川憲司(P.A.WORKS代表)
ゲスト:森見登美彦
司会:岩崎和夫、南かおり
チケット料金:1・2階席2500円、3階席1800円

森見登美彦コメント

 今を去ること十年前、京都は北白川の四畳半において私が孤独にふくれていた頃のこと。夜半、牛丼でも食べようかしらんと下宿を出て、静かな住宅街を歩いていくと、街灯の下を駆け抜けて側溝に隠れた毛深きものあり。「なにやつ!」と覗いてみたら、一匹の狸がキョトンとこちらを見上げていたのであった。
 その運命的瞬間に天啓を得た『有頂天家族』という作品が、十年の歳月を経て、スタッフの方々が創意工夫を凝らされた一大アニメーションへと、気宇壮大な化け術を披露するまでに至ったのは驚嘆すべきことである。原作の一行一行にこだわる映像化にあたって、スタッフの方々の御尽力はまことに凄絶、鬼気迫る「阿呆」というべきであり、それもそのはず監督自身なにやらフンワリと狸っぽい気配がなきにしもあらず。狸気濛々たるアニメの放映を、原作者として心待ちにしている次第である。
「そんなに素晴らしいアニメがあるなら強いて原作を読む必要はあるまい」と考える人がいるのも当然だが、この世で真にスバラシイ人物とは、アニメを讃えて原作を読み、原作を讃えてアニメを観てくれる人である。そうとも。アニメと原作をあわせて楽しめる広々とした心を持つことが現代日本における紳士淑女の嗜みであるという点にあらためて読者諸賢の注意を喚起するとともに、京都に暮らす毛深きものたちの今後益々の活躍を祈念して、今日のところは筆をおく。

二○一三年三月二十一日
原作者森見登美彦記す

コミックナタリーをフォロー