スーパーダッシュ&ゴー!休刊、連載作は今夏WEBへ移行

 
mixiチェック

2013年4月25日 21:23 204

イメージ

最終号となったスーパーダッシュ&ゴー!6月号。

集英社のライトノベルレーベル・スーパーダッシュ文庫によるマンガ誌・スーパーダッシュ&ゴー!が、本日4月25日発売の6月号をもって休刊。今後、連載作品はWEBコミックにて発表されていく。

スーパーダッシュ&ゴー!は、2011年10月に創刊。「ベン・トー」「パパのいうことを聞きなさい!」「カンピオーネ!」など、人気ライトノベルのコミカライズを掲載してきたほか、高畠エナガなどの注目新人も輩出した。

連載作は、今夏リニューアルオープンするスーパーダッシュ&ゴー!のWEBサイトへ移行。星屑七号「1月のプリュヴィオーズ」のほか、「六花の勇者」「ベン・トー」「ニーナとうさぎと魔法の戦車」「カンピオーネ!」などが、引き続き連載を継続する予定だ。

なお高畠エナガ「人魚の花籠」はミラクルジャンプ(集英社)に移籍。4月30日発売のミラクルジャンプNo.14には、高畠の描き下ろしピンナップが封入される予定。ファンはこちらもお楽しみに。

※記事初出時、一部情報に誤りがありました。お詫びして訂正いたします。

Twitterからのコメント

さらに読み込む

ナタリーストア「ピンポン」グッズ
ナタリーストア「TOKYO CULTUART by BEAMS × egicco」グッズ
コミックナタリーpresents 現役マンガ編集者142人が年度折り返しの秋に選ぶ、この1年間に刺激を受けたマンガBest100。「コミックナタリー大賞 2013」公式サイト
コミナタ漫研 / マンガ家が語る「いま面白いマンガ」月例トークイベント全記録
コミックナタリーのニュースをTwitterでフォロー!