コミックナタリー

「めしばな刑事タチバナ」がTVドラマ化、主演は佐藤二朗

1058

坂戸佐兵衛原作による旅井とり「めしばな刑事タチバナ」のTVドラマ化が決定した。主人公の刑事・立花は佐藤二朗が演じる。

原作の「めしばな刑事タチバナ」は牛丼や袋入りラーメンといった、安価で庶民的な料理を題材にしたグルメマンガ。刑事の立花が食にまつわるうんちく=“めしばな”を、事件の推理を披露するかのように熱く語る討論劇だ。

ドラマ第1回では、様々なチェーン店の立ち食いそばについて論争を繰り広げる。また全話を通じて、婦人警官たちによる「甘味部」のスイーツ談義もサイドストーリーとして展開される。

ドラマは4月10日より、毎週水曜23時58分からテレビ東京にて放送。原作は週刊アサヒ芸能(徳間書店)にて連載されている。

佐藤二朗 コメント

Q.立花刑事の役のお話が来た時、どう思いましたか?
まず俺でいいのか?と思いました。ずっと脇役をやってきたので、勇気あるキャスティングだなと(笑)。でも、原作を読んで即座に納得しました。ちょっとメタボなところとか、粗野なところが似ていますね。与えられたものをやるのが役者の楽しいところだと思うので、有難くお話を頂きました。

Q.ドラマの中でやってみたい「めしばな」は?
基本的にお酒が好きなので、焼き鳥とか焼とんみたいなお酒のつまみが好きなんです。このドラマの面白さって、身近な食べ物について大の大人たちが熱く深い討論をしていくところにあると思うんですが、僕自身ラーメンが好きなので、ラーメン論争とかしてみたいですね。多分、自分の好きなインスタントラーメンをけなされたりしたら、本当に腹が立って魂からの芝居が出来ると思います!(笑)

Q.このドラマをやるにあたって、役作りはされていますか?
昨日、いつも行く喫茶店で昼にカレーを食べようかと思ったのですが、ふと思い立って駅前近くの立ち食い蕎麦屋でカレーを食べてみました。これからも台本に出てくる料理は、実際に食べたことがなければ食べに行ってみようと思っています。普段から大衆的な店が大好きなので、このドラマをきっかけに色々なお店に行きたいなと、今から楽しみにしています。

Q.視聴者へのメッセージをお願いします!
このドラマの面白さは「めしばな」という人生を左右するわけでもない、どうでもいいようなことを、大の大人たちが真剣に語り合うところにあります。また、出てくるのは身近な“めし”の話ばかりですが、是非セレブの方たちにも見てもらいたいなと思います(笑)。食が美味しかった時の喜び、不味かった時の悲しみ・怒りは万人共通だと思うので…。見ていて、食べたい! お腹が空いた! と皆さんが思うような番組になればいいなと思います。

コミックナタリーをフォロー