コミックナタリー

「究極超人あ~る」1号限りの復活、スピリッツに新作掲載

1646

ゆうきまさみが、代表作「究極超人あ~る」の特別編を執筆した。本日11月5日発売の週刊ビッグコミックスピリッツ49号(小学館)に掲載されている。

「究極超人あ~る」は、1987年まで週刊少年サンデー(小学館)で連載されていたコメディ作品。世界征服のため造られたアンドロイド「R・田中一郎」が高校に通い、部活の仲間と旅行に行ったり、生徒会と闘ったり、騒がしい学園生活を送る様子を描き人気を博した名作だ。

この新作は、細野不二彦の提案によりスタートした東日本大震災復興支援プロジェクト「ヒーローズ・カムバック」の一環として執筆された。同計画では8名のマンガ家が読み切りを雑誌で発表。各作品をまとめた単行本が2013年3月に発売される予定で、必要経費を除いた収益・印税のすべては寄付にあてられる。

細野は「ヒーローズ・カムバック」のため「ギャラリーフェイク」の新作を描き、スピリッツにて発表済み。11月12日に発売されるスピリッツ50号には吉田戦車「伝染るんです。外伝『サラマンダー』」が、同日発売のゲッサン12月号には石森プロ協力による島本和彦「サイボーグ009」が掲載される。そのほか同プロジェクトのため藤田和日郎高橋留美子椎名高志荒川弘が描いた読み切りが、週刊少年サンデーにて順次公開される予定だ。

コミックナタリーをフォロー