コミックナタリー

マンガ大賞授賞式で荒川弘が謝辞。末次&ヤマザキ祝福

317

去る3月23日、マンガ大賞2012の授賞式がニッポン放送イマジンスタジオにて行われた。ノミネート15作品の中から見事大賞に輝いたのは、週刊少年サンデー(小学館)にて連載中の荒川弘「銀の匙 Silver Spoon」。

まず特別ゲストとして、「ちはやふる」でマンガ大賞2009を受賞した末次由紀が登壇。受賞当時を振り返り「まだ巻数が3巻ぐらいのときに強い光を当ててもらって、それからの励みになりました。こういう賞にふさわしいマンガにしていかなければと早い段階で思うことができて、目線が上がりました」と感謝を述べる。

「3月のライオン」でマンガ大賞2011に選出された羽海野チカも、登壇こそなかったものの、会場内にて式の様子を見守った。「岳 みんなの山」でマンガ大賞2008に選ばれた石塚真一は、締切中につき来場できなかったとのこと。

続けてプレゼンターとして登場したのは、「テルマエ・ロマエ」でマンガ大賞2010に輝いたヤマザキマリ。この日登壇した作家の中で唯一撮影を許可していたヤマザキは、「どうしようもない被写体ですけど」と自虐的に登場。いつテルマエ人気に火が点いたのを感じたか、という問いには「(忙しさのあまり)編集部全員、目の焦点が合ってなかったとき」と答え、会場の笑いを誘う。ムーブメントの発端になったものは?、と訊かれれば「もちろんマンガ大賞ですよ。これが私の人生を変えました」と答え、賞の影響力を讃えた。

そしていよいよ、ヤマザキによりマンガ大賞2012の受賞作が発表される。ヤマザキが「大賞は『銀の匙 Silver Spoon』、荒川弘先生です」と読み上げると、会場は盛大な拍手とバイオリンの生演奏による華々しいムードに包まれた。

大賞に輝いた荒川は、壇上にてヤマザキからプライズを受け取ると「この度は名誉ある賞をいただき、ありがとうございました」と感謝のコメント。「選んでいただいた書店員さん、支えてくださった出版社の方々、仕事場のアシスタントさんたち、家族、取材先でお世話になった方、そして何よりも読んでくださった読者の皆さんに、この場をお借りして心からお礼を申し上げます」と語り一礼した。

続いて「銀の匙 Silver Spoon」を担当する編集者の坪内氏が登場し、質疑応答。作品誕生の経緯については「少年サンデーの読者層である15、6歳の少年たちの一番の関心は、将来のこと。それを荒川さんに話したら『じゃあこういう話を描いて、読者にぶつけてみよう』となり始まりました」と明かした。司会者からの「なぜ『鋼の錬金術師』を発表していたスクウェア・エニックスの雑誌ではなく、少年サンデーで始まったのか」という質問には、言葉を選びつつ「農業マンガを描くのに適した場所として、選んでいただいたんだと思います。ケンカ別れではないと聞いております」と苦笑いで答えた。

さらに映像化の打診にまで話が及ぶと、坪内氏はますますたじろぎつつも「(オファーは)来てます。ただ、まだ発表できる段階ではありませんし、これからじっくりと進めていけたらと思います」とコメント。その後はヤマザキと坪内氏、および審査委員らとのフォトセッションが行われ授賞式は幕を下ろした。

「銀の匙 Silver Spoon」は農業高校を舞台にした青春マンガ。夢や目標もなく農業高校に入学した主人公が、自然の過酷さや農業の現実と苦闘しつつ、成長していく様子が描かれている。

マンガ大賞2012最終結果

76pt 荒川弘「銀の匙 Silver Spoon」
61pt うめ「大東京トイボックス」
57pt 石井あゆみ「信長協奏曲」
49pt 雲田はるこ「昭和元禄落語心中」
46pt 市川春子「25時のバカンス 市川春子作品集Ⅱ」
43pt 平野耕太「ドリフターズ」
41pt 森高夕次/アダチケイジ「グラゼニ」
40pt 花沢健吾「アイアムアヒーロー」
37pt 石黒正数「外天楼」
37pt 柳原望「高杉さん家のおべんとう」
32pt 榎屋克優「日々ロック」
28pt 押見修造「惡の華」
27pt 新川直司「四月は君の嘘」
24pt 江口夏実「鬼灯の冷徹」
12pt 森繁拓真「となりの関くん」
※集計方法は投票された1位を3pt、2位を2pt、3位を1ptと換算。

コミックナタリーをフォロー