萩尾望都、女子美術大学の客員教授に就任

 
mixiチェック

2011年6月2日 12:14 606

イメージ

萩尾望都「11人いる!」

「ポーの一族」などで知られる萩尾望都が、女子美術大学のアート・デザイン表現学科 メディア表現領域の客員教授に就任した。

メディア表現領域ではアニメやキャラクターデザイン、映像などを創作するクリエイターの育成を目指している。萩尾の授業内容や講義の日程などはまだ明らかになっていない。

萩尾は「トーマの心臓」「11人いる!」など文学性の高い名作を多数生み出し、少女マンガ界の神様と呼ばれる重鎮。5月に発表された第40回日本漫画家協会賞では、少女マンガの域を超えた質の高さが評価され、文部科学大臣賞に輝いている。

ナタリーストア「ピンポン」グッズ
ナタリーストア「TOKYO CULTUART by BEAMS × egicco」グッズ
コミックナタリーpresents 現役マンガ編集者142人が年度折り返しの秋に選ぶ、この1年間に刺激を受けたマンガBest100。「コミックナタリー大賞 2013」公式サイト
コミナタ漫研 / マンガ家が語る「いま面白いマンガ」月例トークイベント全記録
コミックナタリーのニュースをTwitterでフォロー!