コミックナタリー

真鍋昌平、運送屋描く初単行本「SMUGGLER」映画化決定

115

真鍋昌平の初単行本「SMUGGLER」の映画化が決定した。公開時期などの詳細は今後月刊アフタヌーン(講談社)誌上にて発表される。

「SMUGGLER」の主人公は借金を抱えた役者志望のフリーター・砧涼介。借金返済のため死体や法律に触れるものばかりを扱う運送屋のバイトを紹介され、死と隣り合わせの世界に踏み込んでいく。月刊アフタヌーンにて2000年5月号から8月号まで連載されていた。

本日10月25日に発売された同誌12月号では、涼介のイラストとともに「SMUGGLERから10年…漫画家人生のはじまり。アフタヌーンに育ててもらいました。感謝です!!」という真鍋の直筆コメントが掲載されている。

コミックナタリーをフォロー

  • スタッフ募集のお知らせ
  • コミックナタリー大賞