AKB48週マガでマンガ化、謎のメンバー加入で「AKB49」

 
mixiチェック

2010年8月25日 13:10 89

イメージ

「AKB49~恋愛禁止条例~」の前田敦子。(C)宮島礼吏

イメージ イメージ イメージ

人気アイドルグループAKB48を題材とした宮島礼吏の新連載「AKB49~恋愛禁止条例~」が、本日8月25日に発売された週刊少年マガジン39号(講談社)よりスタートした。

宮島は原田重光原作による同誌での短期集中連載「鈴木の視点」で注目を集めた期待の新鋭。「AKB49~恋愛禁止条例~」はAKB48に架空の新メンバーが加わり、スターダムにのし上がっていく過程を描く。大島優子や前田敦子ら実在のメンバーたちももちろん登場。また今号では巻頭グラビアもAKB48が飾り、3号連続でクリアファイルのプレゼントも実施されている。

AKB48は7月に週刊少年サンデー(小学館)連載の小笠原真のギャグ「電脳遊戯クラブ」に登場したのを始めとして、続々マンガ化。月刊ヤングマガジン(講談社)では9月8日に発売される10月号より指原莉乃を主人公にした4コマ「うざりの」の連載がスタートする予定だ。

なお次号40号では、赤松健のヒット作「ラブひな」が復活。特別読み切りが掲載される。

ナタリーストア「ピンポン」グッズ
ナタリーストア「TOKYO CULTUART by BEAMS × egicco」グッズ
コミックナタリーpresents 現役マンガ編集者142人が年度折り返しの秋に選ぶ、この1年間に刺激を受けたマンガBest100。「コミックナタリー大賞 2013」公式サイト
コミナタ漫研 / マンガ家が語る「いま面白いマンガ」月例トークイベント全記録
コミックナタリーのニュースをTwitterでフォロー!