コミックナタリー

オタクの恋心を描くアンソロに押切蓮介描き下ろし

6月15日にエンターブレインから発売される「オタクの恋の物語。 ~恋愛アンソロジー~」に、押切蓮介が16ページの読み切り「愛を手さぐりで」を描き下ろしている。「愛を手さぐりで」は、理想と現実のギャップに悩むオタクを描いた作品だ。

「オタクの恋の物語。 ~恋愛アンソロジー~」には、エンターブレインのWebマンガサイト「ファミ通コミッククリア」にて、2009年10月から12月まで「アウトドア」「アート」「クリスマス」といったテーマで描かれたオタクの恋愛物語を収録。

押切の「愛を手さぐりで」のほか、三田田楽「コミックバトン」、タキヒロム「ウェルカム・マイ・カントリー」、浅見よう「巫女と狂言師」、銃爺「ファーストステップ」、浅野詠壱「デジタルライフラブ」、ナックルカーブ「やればできる子なんですっ!!」の6作品が掲載されている。

コミックナタリーをフォロー