コミックナタリー

アニメ「斉木楠雄のΨ難」第2期、明智透真役は梶裕貴!“面倒くさい”役で後悔

750

麻生周一原作によるテレビアニメ「斉木楠雄のΨ難」第2期に、新キャストとして梶裕貴が出演することが明らかになった。

梶が演じるのは、主人公・斉木楠雄のクラスに転校してきた転校生の明智透真。膨大なセリフ量のキャラクターということで、梶は「読んでいてとても面倒くさいヤツだなと感じていましたが演じるとなるともっと面倒くさいんだろうなということに気付き明智役をお引き受けしたことを今猛烈に後悔しています」から始まる長々としたコメントを寄せ、「色々なプランを模索しつつ万全の状態で収録に臨めるよう準備をすることでその後悔をモチベーショ…頑張ります」と前向きな姿勢で結んだ。

またアニメの放送が、2018年1月にスタートすることも決定。放送局と放送日時は12月4日に発表される。

「斉木楠雄のΨ難」は、ありとあらゆる超能力を持って生まれた高校生の斉木楠雄を主人公に据え、彼が通う高校の個性的な仲間たちとの日々を描く学園ギャグ。原作は週刊少年ジャンプ(集英社)にて連載されており、アニメ第1期は2016年7月から12月にかけてオンエアされた。現在、山崎賢人主演による実写映画が公開中。

梶裕貴(明智透真役)コメント

読んでいてとても面倒くさいヤツだなと感じていましたが演じるとなるともっと面倒くさいんだろうなということに気付き明智役をお引き受けしたことを今猛烈に後悔していますいや後悔と言いましても役柄に不満があるといったネガティブなものでは全くなくお任せいたただけたこと自体には感謝の気持ちしかないのですが自分の力量と照らし合わせた時に果たして本当の意味で彼を魅力的に演じきれるのかというある種役者としてのエゴ的な意味も含んだ後悔であって今から色々なプランを模索しつつ万全の状態で収録に臨めるよう準備をすることでその後悔をモチベーショ…
頑張ります。

(c)麻生周一/集英社・PK学園2

コミックナタリーをフォロー