コミックナタリー

BLUE GIANT、月に吠えらんねえ、Sunnyの原画も!メディア芸術祭の作品展

668

「第20回文化庁メディア芸術祭 受賞作品展」が、9月16日から28日まで東京・NTTインターコミュニケーション・センター [ICC]、東京オペラシティアートギャラリーほかにて開催される。

展覧会では第20回文化庁メディア芸術祭にて、マンガ部門の大賞を受賞した石塚真一「BLUE GIANT」の原画や楽器を展示するほか、巨大な壁面プリントを展開。また同じくマンガ部門にて新人賞に選ばれた、清家雪子「月に吠えらんねえ」のカラーページの原画や制作プロセスも展示され、優秀賞に選ばれた松本大洋「Sunny」の原画をはじめとする、マンガやアニメーションの関連資料も並ぶ。

9月17日にはNTTインターコミュニケーション・センター [ICC]にて清家雪子と、萩原朔太郎の孫にしてマルチクリエイターの萩原朔美によるトークショーを開催。定員は200名で、参加するには事前の申し込みが必要だ。

そのほかにもアート部門で大賞に輝いたRalf BAECKER「Interface I」の展示、エンターテインメント部門、アニメーション部門でそれぞれ大賞を受賞した「シン・ゴジラ」と「君の名は。」の上映会も実施。エンターテインメント部門で優秀賞に選ばれた「Pokemon GO」のワークショップ、アニメーション部門で優秀賞に選ばれた「映画『聲の形』」のトーク付き上映会などのイベントも展開される。

加えてマンガ部門の受賞作品、審査委員会推薦作品の37タイトル全巻を自由に読むことができるマンガライブラリーも登場。そのほかにも多数の関連イベントが催されるので、気になる人は展覧会の公式サイトをチェックしよう。

なおコミックナタリーでは、10月5日まで第21回文化庁メディア芸術祭の作品の募集が行われていることにあわせ、過去に「竹光侍」「Sunny」でマンガ部門の優秀賞を受賞した松本大洋にインタビューを実施。2作品に込めた思いからメディア芸術祭の印象、クリエイターへのメッセージまで語ってもらっている。

※特集記事へはこちらから!
文化庁メディア芸術祭 松本大洋インタビュー (1/2) - コミックナタリー 特集・インタビューPR

第20回文化庁メディア芸術祭 受賞作品展

期間:2017年9月16日(土)~28日(木)
会場:東京・NTTインターコミュニケーション・センター [ICC]、東京オペラシティ アートギャラリー ほか
料金:無料

コミックナタリーをフォロー