コミックナタリー

新曲11曲!テニミュ3rd青学vs立海、阿久津仁愛「毎公演を大切に」

2044

「ミュージカル『テニスの王子様』3rdシーズン 青学(せいがく)vs立海」ゲネプロより。

「ミュージカル『テニスの王子様』3rdシーズン 青学(せいがく)vs立海」ゲネプロより。

許斐剛「テニスの王子様」を題材とした「ミュージカル『テニスの王子様』3rdシーズン 青学(せいがく)vs立海」が、本日7月14日に東京・TOKYO DOME CITY HALLで開幕。これに先がけてゲネプロと囲み取材が行われた。

2014年にスタートし、これまで不動峰公演、聖ルドルフ公演、山吹公演、氷帝公演、六角公演と5回の本公演を行ってきたテニミュ3rdシーズン。今回の公演では、関東大会を勝ち進んだ越前リョーマたち青学メンバーの前に、圧倒的な強さで全国を制覇してきた立海が立ちはだかる。

全国三連覇を目指している立海テニス部は、部長の幸村精市不在の中、真田弦一郎を中心に結束を深める。一方の青学も、部長の手塚国光を欠く窮地に立たされたまま、試合当日を迎えていた。青学にとって正念場となる本作、決勝戦のダブルスでは、桃城武・海堂薫、丸井ブン太・ジャッカル桑原が白熱の試合を展開。さらに大石秀一郎と菊丸英二のゴールデンペアは、“コート上の詐欺師”こと仁王雅治と、“レーザービーム”を得意とする柳生比呂士に食らいついた。

続くシングルスでは、乾貞治と柳蓮二という“データテニス”を基本戦術とする幼なじみ同士の対決や、不二周助と切原赤也による限界を超えるバトルが、新曲を交えながら繰り広げられる。また劇中には、青学が準決勝で戦った六角の面々も登場した。

ゲネプロ後の囲み取材には、リョーマ役の阿久津仁愛、手塚役の宇野結也、幸村役の立石俊樹、真田役の田鶴翔吾が登壇。阿久津は今回の立海公演について「僕にとっては初試合なのでワクワクしています。パワーアップした青学の姿をお見せしたい」と意気込みを語る。また宇野は「今までの経験を活かして、ミュージカル『テニスの王子様』の魅力を全国、そして上海の皆さまにお届けできるように精一杯がんばってまいります」とコメントした。

また今回初舞台となる立石は「稽古期間に幸村の動きや表情をたくさん研究してきた。チームとしても王者の貫禄や威厳を出せるように取り組んできたのでベストを尽くしたい」と自信をのぞかせる。続く田鶴は「立海の王者としての風格を醸し出しながら、厳格な真田弦一郎を精一杯演じたい」と落ち着いた口調で述べた。

また見どころについて聞かれると、阿久津は「やっぱりリョーマvs真田の試合。最後の試合で白熱して緊張感もある長い試合なので、ドキドキしてもらいたい」と笑顔を見せる。さらに「(リョーマは)追い詰められる場面でもありますが、カッコいいところを注目していただけたら」と観客に呼びかけた。

続く宇野も「部長不在という環境の中で、王者に立ち向かっていく青学の姿を観てほしい。特に8代目青学の方々が不動峰公演で行った高架下での試合のシーンが、今回も印象的な場面として登場しますので、ご注目いただければ」とアピールした。

さらに立石は「僕が演じる幸村の歌です。歌っているときの表情にも注目してほしい」とコメント。また田鶴はリョーマとの試合で繰り出される“風林火山”という技のシーンを上げ「映像を背負って“風林火山”を出す演出に注目していただきたいです」と語った。

最後、阿久津は「上海公演を含め51公演と長いですが、毎公演を大切にしていきたい。ちなみに、今回は新曲が11曲あります!」と元気よく締めくくった。東京公演は本日7月14日から23日まで、東京・TOKYO DOME CITY HALLにて開催。その後、大阪・愛知・福岡・宮城・上海と巡演し、9月22日からは東京凱旋公演が行われる。

ミュージカル「テニスの王子様」3rdシーズン 青学(せいがく)vs立海

東京公演
期間:2017年7月14日(金)~ 23日(日)
会場:TOKYO DOME CITY HALL

大阪公演
期間:2017年8月3日(木)~13日(日)
会場:大阪メルパルクホール

愛知公演
期間:2017年 8月26日(土)・27日(日)
会場:名古屋国際会議場 センチュリーホール

福岡公演
期間:2017年9月2日(土)・3日(日)
会場:福岡サンパレス ホテル&ホール

宮城公演
期間:2017年9月9日(土)・10日(日) 
会場:多賀城市民会館 大ホール

上海公演
期間:2017年9月15日(金)~17日(日)
会場:虹橋芸術中心

東京凱旋公演
期間:2017年9月22日(金)~10月1日(日)
会場:TOKYO DOME CITY HALL

キャスト

〈青学〉
越前リョーマ:阿久津仁愛
手塚国光:宇野結也
大石秀一郎:松村優
不二周助:定本楓馬
菊丸英二:永田聖一朗
乾貞治:加藤将
河村隆:鈴木雅也
桃城武:吉村駿作
海堂薫:牧島輝
堀尾聡史:相馬眞太
加藤勝郎:奥井那我人
水野カツオ:畠山紫音

〈立海〉
幸村精市:立石俊樹
真田弦一郎:田鶴翔吾
柳蓮二:井澤巧麻
仁王雅治:後藤大
柳生比呂士:大隅勇太
丸井ブン太:大薮丘
ジャッカル桑原:川崎優作(※「崎」はたつさきが正式表記)
切原赤也:前田隆太朗

〈六角〉
葵剣太郎:矢代卓也
佐伯虎次郎:二葉要
黒羽春風:陽向謙斗
天根ヒカル:坂垣怜次
樹希彦:高木眞之介
木更津亮:佐藤祐吾
首藤聡:千葉冴太

原作:許斐剛『テニスの王子様』(集英社 ジャンプ・コミックス刊)

(c)許斐 剛/集英社・NAS・新テニスの王子様プロジェクト (c)許斐 剛/集英社・テニミュ製作委員会

コミックナタリーをフォロー