コミックナタリー

映画「帝一の國」応援上映、菅田将暉が古屋兎丸とプライベートで参加した秘話も

7221

「帝一の國」応援上映の様子。

「帝一の國」応援上映の様子。

古屋兎丸原作による映画「帝一の國」の応援上映が、本日5月17日に東京・TOHOシネマズ 六本木ヒルズにて開催。上映後の舞台挨拶には赤場帝一役の菅田将暉、東郷菊馬役の野村周平、大鷹弾役の竹内涼真、氷室ローランド役の間宮祥太朗、榊原光明役の志尊淳が登壇した。

上映中の声出し、コスプレ、サイリウムの持ち込みなどが許可された本日のイベント。上映前には菅田によるアナウンスが流れ、小さく8回手を叩く“海帝式拍手”や、海帝高校の校歌のレクチャーされる。「恥ずかしいなんて感情は捨ててしまえ! もっと自分を解き放つんだ!」と菅田が言葉を放つと、いよいよ映画が幕開け。東宝のロゴが映し出され、観客は「東宝ー! 待ってましたー!!」と雄叫びを上げる。

本編に入り、キャラクターが続々と登場するとファンはそのたびに名前を連呼。菅田演じる帝一と志尊扮する光明のいちゃつきぶりには「キャー!!」「連れションかよー!」というガヤが入る。また帝一が解いた入試問題の点数を父親が発表する場面では、ファンも一緒になって「社会!!」「理科ー!!」と教科名を絶叫。その点数がライバルに敵わず帝一が落ち込んだ際には、「イケる! 自信持って!」「次あるよー! 顔上げて!」と励ましの声が上がる。さらに間宮演じるローランドが相棒の駒に「お前、俺の友達だよな?」と問うシーンでは、観客が「ズッ友だよー!」と答える一幕も見られた。

上映後にはキャスト5人がステージに上がり、「盛り上がってるかーい?」と菅田や野村が会場全体に声がけ。菅田は「人生で初めて自分の映画を映画館で観たんです」と言いながら、15日に開催された応援上映をプライベートで観に行っていたと明かす。その応援上映には原作の古屋と一緒に参加したそうで、「先生も喜んでましたよ」と振り返った。

ここで5人は、「もし自分が応援上映に参加したら、どんな声援を送りたいか?」という質問に答えることに。野村は帝一が校歌に合わせ校旗を掲揚する動きを真似て、「俺絶対、校歌のときに一緒にこれやるもん」と答える。竹内は帝一がピアノで「マリオネット」を演奏するシーンを挙げ、「テレテレテレテレテーって言いながら踊りたい」と操り人形のような動きをしてみせる。志尊からは「光明のキャラに最初は驚く人がいるかもしれないけど、『榊原光明だにゃん』っていうところをみんなで一緒にやってくれたら、それが緩和するかも」という回答が。すると野村は「みんなじゃなくて、お前がどうやるかなんだよ!」となぜか厳しくつっこみ、志尊は「じゃあ『よろちくび!』って言って乳首出します!」と菊馬のセリフを引用して会場にどよめきを起こした。

なお、このメンバーが舞台挨拶にそろうのは今日が最後。“卒業式”と称し、4人から主演の菅田へメッセージが送られる。まずトップバッターの竹内が菅田と向かい合うように立つと、野村が神父になりきり「誓いますか?」と茶々を入れる。そんななか竹内は「何年後かにまた一緒にやって、日本の映画界を盛り上げられるようにがんばりたい。大好きです!」と思いを語り、続く志尊は「菅田くんに付いていくことが、光明を作れたことにつながりました」と感謝の気持ちを述べる。

間宮から送られたのは、「赤場帝一は主席。僕ら世代の役者の主席は、菅田将暉さん、あなたじゃないですか。僕らの世代の代表作になったと思います」という熱い言葉。感動的なムードに包まれると、野村は「あかーん、何も言われへーん!」と号泣するふりで爆笑を起こす。野村は「これからも負ける気はしないし、ずっと高め合っていけたらなって。続編もよろしくお願いします! ……未公開シーンやる?」と言い出し、突然菅田の唇にキス。会場はいきなりの公開キスに黄色い声が飛び交った。

最後に菅田は本日登壇できなかったメインキャストの“じじい”こと千葉雄大について触れ、「今は亡きじじいを除いて……(笑)」とコメント。そして「また10年後、20年後と節目節目に集まって、何か面白いことを日本に叩き付けられればと思います」と真面目に語るも、「じじい元気でやってるかな?」「72歳やっけ?」「そうやな、生きてればな……」と野村と一緒に冗談を交わし、イベントは和やかに幕を閉じた。

(c)2017フジテレビジョン 集英社 東宝 (c)古屋兎丸/集英社

コミックナタリーをフォロー