コミックナタリー

「ユーリ!!!」豊永利行、諏訪部順一ら“酒池肉林の夜”の朗読で観客沸かせる

12182

久保ミツロウ、山本沙代、MAPPAによるオリジナルアニメ「ユーリ!!! on ICE」のイベント「ユーリ!!! on STAGE」が、去る4月29日に千葉・舞浜アンフィシアターにて開催された。コミックナタリーでは夜の部の模様をレポートする。

イベントには久保をはじめ、勝生勇利役の豊永利行、ヴィクトル・ニキフォロフ役の諏訪部順一、ユリオことユーリ・プリセツキー役の内山昂輝らが出席。キャストたちは「ワクワクしなきゃもったいない!」「豚に食わせる金メダルはねえ!」「今日は会場中に僕の愛を見せつけるから!」など、それぞれ自身が演じたキャラクターのセリフを口にしながら登場して観客を喜ばせる。

豊永と諏訪部による開会宣言のあとは、ギオルギー・ポポーヴィッチ役の羽多野渉がMC役を務めるトークコーナー「自分を好きになって……ポポーヴィッチのカラボスの部屋」に。これはグループ別にお気に入りのシーンについて語る企画で、“ただただかわいいチーム”には南健次郎役の村瀬歩、レオ・デ・ラ・イグレシア役の土岐隼一、ジ・グァンホン役の本城雄太郎、クリスことクリストフ・ジャコメッティ役の安元洋貴が選ばれた。久保の「(クリスは)ただただお尻がかわいい!」という言葉を受けて、安元は「ピッカピカに磨いておきますね」とコメント。そして「クリスのシーンは台本上のト書きがやたらトリッキー。『水とセックスする』とか。どういうことだ?と毎回チャレンジでした」とアフレコ時を振り返った。

続いて“唯我独尊!マイペース!チーム”として、諏訪部、ピチット・チュラノン役の小野賢章、エミル・ネコラ役の日野聡が登場し、お気に入りのシーンを明かしていく。ピチットが勇利とヴィクトルに「結婚おめでとー!!」と叫ぶシーンの話題になると、小野は「台本を読んだ時点で絶対話題になると感じました」と述懐。諏訪部は「名場面だらけで選ぶのは無理だけど、強いて言えばマッカチンが出ているところ。盗み食いしちゃだめだぞー」と持参したマッカチンのティッシュケースに語りかけて笑いを誘う。

同じコーナーのラストを飾ったのは、豊永、内山、イ・スンギル役の野島健児、西郡豪役の福山潤からなる“ギャップにドキッ!?チーム”。豊永は「最初に勝生くんのギャップにドキッとするところ」と、第3滑走で勇利が「愛について~Eros~」を披露する場面をお気に入りに挙げ、「僕の名前は勝生勇利と思いながらマイク前に立っていました」と懐かしむ。内山は、ユリオが勇利にかつ丼ピロシキを渡すシーンに関して「その前にユリオは外に出て勇利を探すんですよね。ほっとして、ああいうシーンをもっと観たいなと思わせてくれる場面」と言及した。

さらに「超超超超がんばらんば!!!!かつ丼ピロシキ争奪!ワールドクエスチョン!」と題されたクイズ企画の中盤では、JJことジャン・ジャック・ルロワ役の宮野真守がVTRで登場し、「It's JJスターイル!」とおなじみのポーズを決めてからヒントを提示。さらに宮野は「Theme of King JJ」の合唱を促したあと「最高! ありがとうみんな、JJのために集まってくれて……。このあともJJ on STAGEを楽しんでね」と挨拶して観客の爆笑をさらった。

イベント中盤には、欠席したオタベック・アルティン役の細谷佳正、ミケーレ・クリスピーノ役の前野智昭から寄せられたメッセージ映像の上映や、羽多野による本作のエンディング曲「You Only Live Once」の歌唱、キャストたちの生アフレコも。諏訪部の「酒池肉林……まさにそんな夜だった」というセリフから始まるドラマ「長谷津エキシビジョン 温泉on ICE ヴィクトル with フレンズ」の朗読コーナーでは、アイスショー出演のため長谷津に集まったスケーターたちのやりとりに、会場のあちこちから笑いが起こった。

エンディングでは、豊永が「また勝生くんに会いたいなと思いました。『ユーリ!!! on ICE』という作品をどうか忘れないでいただければ」と挨拶。そして完全新作となる劇場版の製作決定が発表されると、会場は驚きの声と割れんばかりの拍手で包まれた。なお本日のイベントの模様を収めたBlu-ray / DVDが7月28日にリリースされる。

※記事初出時、人名に誤りがありました。お詫びして訂正いたします。

(c)はせつ町民会/ユーリ!!! on ICE 製作委員会

コミックナタリーをフォロー